« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

CCCDなんて

2月4日発売のノラ・ジョーンズの新アルバムがCCCDです。
それが未だ予約を渋ってる理由でして。
なんて悩ましい売り方をしてくれるんだ○芝め!

日本版のボーナストラックは惜しいんですが。
発売も2月10日になっちゃうんですが。
輸入盤のほうを買っちゃいそうです!
くそう、○芝め! わーん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フクザツ……

なぜなんだ!まる子はなぜか父の服の上でよく寝ます。こうやって並べて置いてみても桂桂の服には見向きもしやがりません。父に言わせると「毛だらけで困る!」らしいですが、飼い主としては複雑です。
服の質が落ちるとでも言われているようでなんか悔しい……w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大事なものをなくしました

実家で飼っていた犬が27日、永眠しました。
2歳という若さでした。
まる同様この子も家族同然に可愛がっていました。

この数日というもの、何をしても泣けてきて
どうしてもこのことについて書くことができませんでした。
人によっては「犬くらいで」と思う人がいるかも知れません。
自分でもこんなにしんどいものだとは思わず、びっくりしています。
悲しみというものが波のようにやってくることも初めて知りました。

でも言葉って難しいですね。何を書いても空々しい気がするし。
最初のひと言を書くのにもずいぶん逡巡してしまいました。
ですが何か書かないと自分の気持ちが前へ進まないので、
とりあえず変てこな文でも書いてみています。
桂桂のリハビリ文だと思って大目に見てやってください。

すぐにまたおちゃらけねえさんに戻ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

風邪引きました

先週から具合おかしかったんですけども、やっぱり風邪でしたヽ(´▽`)ノ
今回の風邪はてきめんハラにきますよー
こたつでぬくぬくと大人しくしてる分には大丈夫なんですが、
油モノとかすごく胃腸に負担かかって食べられないです。
桂桂のまわり、なぜか女性ばかりに流行っている……。
明日はゆっくり休みます。皆さんもご注意くださいまし。

避けるなw「……カミナリ?」
違います。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

着物お道具(1) 着物クリップ

何せデラックスですから金縁。「着物の着付けにはとりあえずあったほうがいいよ」と
まわりに薦められ買ってみました。
商品名「DXハンディクリップ」。
3個で定価 2,000円もします。ムヒー!
(ホントはちょびっと安くしてもらって1,800円でしたけども)

着付けのときに、着物の後ろ襟の部分を止めたり、帯の型の
仮止め的な使い方をしたり、その他色々使い道があるんだそうな。

着物は大事に扱わないとwフツーの洗濯ばさみやらクリップやらと
何が違うの? ちう疑問もあるのですが、
このへんが着物にやさしい、ということのようです。
あと結構軽い力で挟みやすいかな?

道具を揃えていくのも大変です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ミニミニ大作戦」

こういう知的ゲームというか、頭を使って騙し合いをする話は大好きです。
でもって各々のキャラが立っていてチームの結束が固い、
というのは定石だけども見ていて気持ちがいいですわね。
ああ特攻野郎Aチームを思い出すw

ミニ・クーパーがイタリアを走り回る映画だと思ってたんですが、
舞台はLAです。一応原題が「THE ITALIAN JOB」ということで
冒頭にベニスが出てきたりしますが,グレイ監督も言ってるように、
ミニが活躍するという以外は、オリジナル版とは別の話だと思って
見た方がいいようで。
とはいえ、ミニが3台並んで地下鉄の階段やらホームやら
排水路やら、都会の道なき道をちょこまか縦横無尽に走る様子は
小気味よくて楽しいですなあ!
できれば屋敷の中を走る作戦も実現させて欲しかった。
あとキャストがいい感じです。
特に桂桂的に大注目なのがライル役のセス・グリーン。
「オースティン・パワーズ」でドクター・イーブルの息子役やってる
人ですが、すんごく可愛いのですよ! ↑↑↑の時は何とも
思わなかったんですけども。明るい髪の色のせいかなあ。
オタクな天才ハッカー役がとってもキュートでしたわ!
他にも、D・サザーランドをはじめ端役のフランキー・Gに至るまで、
出てくる俳優みんながいい男、いい女なのが見目よろしかったです。
ええ、痩せのピートでさえよく見ればハンサムくんですしね!(また変人発言を…)

オリジナル版もDVD発売されているので、そちらも要チェック。

cover「ミニミニ大作戦」
2003年 DVD(コレクターズ・エディション)

監督:F・ゲイリー・グレイ
出演(声優):
[チャーリー・クローカー]マーク・ウォールバーグ(森川智之)
[ステラ・ブリジャー]シャーリーズ・セロン(岡 寛恵)
[スティーヴ/フレゼリ]エドワード・ノートン(平田広明)
[ライル]セス・グリーン(村治 学)
[ハンサム・ロブ]ジェイソン・ステイサム(内田直哉)
[レフト・イヤ]モス・デフ(志村知幸)
[ジョン・ブリジャー]ドナルド・サザーランド(家弓家正)
字幕翻訳:戸田奈津子 吹替翻訳:石原千麻

| | コメント (5) | トラックバック (3)

「赤い夜の足音」

赤い夜の足音/モダーン今夜
2003.10 MOTEL BLEU

全5曲のミニアルバムです。
「モダーン今夜」という微妙なバンド名に若干の不安を感じつつも、
美容院で読んだ雑誌でのレビューがいい感じだったので買ってみました。

ジャズ色の強いビッグバンド(ヴァイオリンまで入って総勢11名!)が
気持ちよくスウィングしてます。懐かしの昭和歌謡的な風味も入ってますが、
けして奇をてらってるわけではなく、自然体でいい感じ。
ヴォーカルのマキさんの声が良いですね。落ち着いていて好きだな。
曲によってお洒落なおねーさんだったり、場末の酒場の女性だったり、
川縁にすわってギター弾いてるような女の子のようだったりする変幻自在な歌い方が魅力です。
5曲というのは少なすぎるかなと思ったのですが、聴いてみると
意外に丁度いい曲数のような気がしました。
「もうちょっと聴いてみたい」ってところで抑えるのがポイントなのだなw
これから場数をどんどん踏んで大きくなっていって欲しいバンドさんです。

インディーズだからか、amazonには画像がないですねえ。
オフィシャルサイトがありますので興味のある方はこちらへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメで撮ってみる

とりあえず撮ってみた写真です。

マクロいいなあ

画質のきれいさに悶絶したデジカメですが、いざサイトに載せるとなると
ファイルサイズをいかに落とすかが悩みどころですね。
ちなみにこれは30.3KBまで縮小しましたが、どうでしょう。

可愛い。いやそうじゃなくてw

普段使いは携帯カメラで十分かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自分にもご褒美

単3電池で動くという訳ではありませんwついでと言っちゃなんですが、買っちゃいました。
Canon IXY DIGITAL 400でっす。

むしろこっちがメインだったんじゃ……とかいう邪推は受け付けませぬw
未だ使い方がよくわかってないので、また勉強せねば(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには親孝行

すっかり忘れていた ちょっと買いそびれていたハハの誕生日
プレゼントを買いに、二人で電気屋さんへ行ってきました。

「電子レンジいらないから、オーブンだけの機能が欲しい」との
希望から、最初はデロンギのコンベクション・オーブンを贈ろうと
思っていたのですが、あれって意外に背が低いのですよ。
や、ピザ焼いたり簡単な焼き菓子を作るには申し分ないのですが
ハハが作るシフォンケーキというものは、焼いてると結構「もわわわん」と
膨らんで天井についちゃったりして焦げちゃうのですよね。
かといって、ガスオーブンは本格的すぎて大袈裟だし。
結局妥協してもらってオーブンレンジを選んだのですが、
ただの「オーブン」って国産では売ってないものなんですかねえ。ふーむ。

ちなみに買ったのは東芝の石窯オーブンレンジ。
ワイドだのスチームだの熱風だの300度だの、オーブンレンジにも
色々あるらしいのですが、ひたすら「遠赤」「石窯」という
文字のインパクトだけで選んでしまいました。
これで美味しいもの期待してます、ハハよ。

石窯オーブン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠すぎる…

こういう日は無理しません。
040116_2158.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良行ったばかりなのに

来月は京都へ1泊2日することにしました。
女3人で、きもの古着屋さん巡りの旅でーすヽ(´▽`)ノわぁい!
今日の桂桂の頭の中はもうキョート一色で、全然仕事になりませんでした。

いやー奈良も楽しかったんですけど、やはり好きなものを買いに行く、
という目的があると、ガゼンやる気が違うものですね!

うふふ。うふふふふ。 (←桂桂さん、あやしすぎまーす!)

イカン、顔がにやけてしまう……
オンナの幸せはやはり買い物ですわ。

そうそう、きものもいいが、まず前段の着付け教室はどうなったのだ、
という話ですが、ちゃんと行きますよ~今月から。

初心者は浴衣からですけどね(寒っ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遅いんじゃワレ!

す、すいませ…(T_T)
040114_2149.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (71)

お迎えお迎え

今日はこれから実家に預けていたまる坊をお迎えです。
感動の再会になるかなー。いや、ないだろな(あっさり)。

きっとこうやって寝てるんだろなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった

昨夜は、帰りの高速で「変なもの」を踏んでしまったり、
途中でガソリンが切れかけたり、イヤーンなアクシデントが
ありつつも無事帰ってきました。
それにしても深夜だったのにみんな元気一杯でしたよ。
えらいなあ……おねーさんはついていけません(同い年やっちゅーねん!)。

その疲れですっかり忘れていたのですが、今日はハハの誕生日でした。
わはは、なんも準備してなかった……(汗)
うーん、最近壊れたオーブンを新しく買い換えてあげようと
思っていたのですが、今からじゃ間に合わんなw
とりあえず電話でごまかしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行2日目

12日(2日目)大阪
道頓堀→海遊館

これかぁ…朝から戎橋を見に行き、川を見て一同お約束の「うわぁ……」。こんなとこに飛び込むわけですね。阪神ファンはすごいです……いやはや。そしてこれもお約束のグリコ激写w

小さい子は泣いてしまうかも知れませんwその後、海遊館のマーケットプレースにある「なにわ食いしんぼ横丁」へ。ここはなにわの下町をイメージしたグルメパークなんだそうです。まずは小鮫に乗ったえべっさん(猫神さん)がお出迎え。足の裏を触ると歌います。
ライトアップされるとちょっぴりコワイです。目が。

ボケ撲滅週間?派出所掲示板。
ほとんどのボケは放置されている模様です。

ガチャガチャ街頭テレビ。チャンネルを変えると怒られます(チャンネル懐かしー!)。
こんな風に仕掛けがあったり、見落としそうな張り紙とかに結構ボケが入ってて、ツッコミ心を激しく揺さぶられます。

御堂スジ食べ物屋さんは20店ほど入っていました。全部のお店は入れなかったのですが、どのお店も美味しそうで迷いました。お好み焼きの“ゆかり”で食べた「御堂スジ」は、カレー粉をたっぷり振った牛スジが3本入っていて大変美味しかったです。“京丹波”の焼ポン栗は甘すぎないのが好感。外側の殻がぱっくり開いているのでむくのが楽でした。“寺子屋本舗”のおせんべいはサクサクしてます。白醤油味がイチオシ。
他にも“新八茶屋”の「嵯峨豆腐ジェラート」とか“会津屋”のソースのないたこ焼きとか、すごく興味あったんですが、時間がなくて断念。次回挑戦したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行1日目

11日(1日目)奈良
大阪梅田→法隆寺→春日大社→東大寺

周りに「奈良行ってくるわ」と言ったら、ほぼ全員から「渋っ!」言われましたw 桂桂を含めメンバーもどうして奈良なのか、ほとんどわからないままやって来た気がします。や……待てよ、発起人は確かKinki のファン……まさか(汗)
ともあれwメンバー全員奈良は初めてということで、「聖徳太子だ」「大仏だ」とわいわい楽しんで来ました。

法隆寺みぞれ混じりの凍える寒さの中、まずは法隆寺。思ったより敷地が広くて結構歩きました。ほとんど砂利道だったので、黒い革靴はみんなグレーになってましたw 帰りのバスの関係でゆっくり見られなかったのが残念でしたが、大宝蔵院の展示物はすごく良かったです。中でも百済観音像の背の高さとほっそーいモデル体型にはやっぱり一同「はー……」。表情とかもっと近くで見てみたかったです。

春日大社続いて春日大社。はい、鹿ばっかりでした。フンとどちらが多かったのかw 春日大社ではおみくじ「末吉」を引き、速攻で結びつけてきました。買ったお守りは“勝つしか!”ということで「勝守」。「おっとこ前やな!」と呼ばれましたがちっとも嬉しかない……。

そのまま奈良公園を突っ切って東大寺へ。もうこの辺になると鹿のフンも避けようがなくなって、ほとんどあきらめてますw

阿形の仁王さん吽形の仁王さん南大門の仁王さん。迫力でした。どっちのマッチョぶりが好みかって聞かれると……吽形の仁王さんだな(誰も聞いちゃいないよ)。
昼間はちょっと見にくいです。夏から秋にかけてライトアップされるらしいので、その季節になったら夜訪れてみるのがいいですね。

大仏殿御本尊!大仏殿! そして大仏さん! 月並みですがでっかい!
やはり携帯カメラでは大きさが伝わらないなあ。デジカメ欲すぃー!(>_<)
ロウソクを灯してその不思議な表情を拝んで、本日の観光は無事終了です!

ところで、この日は若草山焼きという行事があったらしく、出店も並んですごい人出でした。我々はそれを知らなかったので、“なんかお祭りみたいで楽しいねー!”なんてさんざ買い食いを楽しんで大阪へ戻ってしまったのですよ。もうちょっと留まっていれば、山全体を焼く、という大スペクタルを見られたかもしれないのに……うーんつくづく阿呆やなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行行ってきます

海外でもないのに、集合時間2時って(午前中ですよ、あっはっは!)。
こういう強行軍な日程は無理な年齢に来てるって、

そろそろ気付こうよ、メンバーのみんな!

ということで、1泊2日の旅に今から出掛けてきます。
桂桂は運転しませんが、運転手2名が寝ないよう、
皆さん祈っててくださいw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやく発見

大貫妙子さんのベスト・アルバム「ライブラリー/アンソロジー1973-2003」
(東芝EMI)を今日買いまして、その中の一曲が、十数年ずぅっと
探し続けていた曲だとわかって、狂喜している桂桂です。

曲は「黒のクレール」。
中学生くらいのときにFMで流れていたのを途中から録音していて、
すごくいい曲だなあ、と思っていたのですが、うっかりタイトルを
聞き逃すわ、その後録音したテープも紛失してしまうわで、
以来、ずっと曲名のわからない名曲として桂桂の頭にインプットされていたのです。

歌が大貫妙子さんだということはわかっていたのですが、
寂しげな哀しい曲、というだけで詞もよく覚えていないし、
インターネットなんかない頃ですから調べようもないし、
レコード屋さんのおじさんの前でメロディを歌ってみせる、
なんて、オトメゴコロが許しませんでしたしねえ(^_^;)

あーよかった、ようやく判明して! 長かったなあ……

ちなみに桂桂が聞いたのは、このベスト・アルバムに収録されている
バージョン(from「クリシェ」'82)ではなく、「pure acoustic」('87)という
アルバムのバージョンぽいです。もちろんそちらのアルバムも注文したのは
言うまでもないですなw

このベスト・アルバムも懐かしい曲がたくさんあって
嬉しい限りです。また改めて両方の感想をアップしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静電気の輪

ココログでも静電気体質の方が多くいらっしゃるようですね。
同類相憐れむ、で ssさんちにTB。

ひなたでひるねうちでは桂桂はおろか、まる子まで静電気体質です。
というか、あの毛皮を持ってして、ホットカーペットの上でごろごろー、うにゃうにゃー、なんてしてたら静電気もつき放題ですわ。
ここ数年、冬は「バチッ Σ(><;)」が来るたびに、“あんたのせいだ” “いや、あんただよ” とお互い非難の目で、更なる見えない火花を散らし合う日々が続いています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

年金試算してみました(いきなり)

うちのまわりでは、制度自体将来残ってるかどうか……なんて
あきらめの声も聞かれますし、ずっとずっと先の話だと
思ってたんですけど、今日同僚と、
「今までの年月考えてみたら、65歳なんてあっという間だよねぇ」
なんて話になり、ふと今のままでいくとしたら、実際どれくらい
もらえるんやろ? と思い立って試算してみました。

金融広報中央委員会(日本銀行情報サービス局)
  「年金シミュレーション」


……


うわぁ……


有料老人ホームでの悠々自適老後生活の夢はもろくも崩れ去りました。
(しょせん薄給者の見果てぬ夢でしたよ……)

それはともかくこのサイト、他にも暮らしに役立ちそうな
金融情報が色々あるので今度の休みにでも、
将来設計の見直しを図りたいと思いますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキストエディタを変えてみました

あちこちでソース表示が見やすいと聞いて、テキストエディタを
変えてみることに。試しにEmEditorをDLして使ってみました。
メモ帳では文字化けしてたココログのソースですが、色付けされて
むちゃキレイに表示されてしまいました。
CSSの変更なんかも、ずっと分かりやすくなりそうですね。
テキストエディタは変えた方がいいって言われてる理由が
何となくわかったような気がしました。
や、理由は色付けだけじゃないんでしょうけどもw
これでこんなに軽いんだものなぁ……今まで「シェアウェア」に
腰が引けていたのですけど、思い切って送金しちゃいましょうかね。
めくるめくカラーの世界を知ってしまったら、もうモノクロには戻れませんw

わからん、っちゅーにwほーれごらんカラーだよー♪

※注 猫の目はモノクロしか判別できないらしいです。(やな飼い主だな!)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

忍者TOOLSの表示が変わっておる…

アクセス解析に使っている忍者TOOLSですが、
サイトからのお知らせを受けてログイン設定をし直して、
広告アイコンのソースも変えたら表示が変わりました。
なんだか、更新のたびにアイコンが変わるようです。
しかも時々(時々てw)透過されておる……。
そしてNINJA-SYSTEMS さんの説明もいつもながら不十分……。
良いんだか悪いんだか、それ以前にどうなったんだかさっぱり分かりませんw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「半身」


cover
半身/サラ・ウォーターズ
中村有希 訳 創元推理文庫

19世紀のロンドン。上流階級の令嬢が、慰問のために訪れた
女囚監獄で美しい霊能力者の娘と出会い、やがて飲み込まれるように
彼女の神秘的な力に魅せられていく…

全体的に漂うじっとりとしたゴシックホラーのような雰囲気のなか、
“わたし”の書く手記形式で物語は進められていきます。
時間軸は微妙に前後し、“わたし”も入れ替わり、読者を
まるで渦に引き込むようにくらくらさせながら、
「いったいこの話どこ行くつもりやねーん!!」と
最高潮まで盛り上げて盛り上げて、そして結末。

ぶっとんだ。

もうね、ジャンルとか筋とか余計な先入観なしに読んで欲しいです。
アレがどうでコレがああだったとか、言いたいんだけど、ほんともう
喉のこの辺まで出てるんですけど、下手に言えないこのもどかしさ。
ミステリの感想なんて書くもんじゃない、って思うのはこんな時(T_T)

あと全然関係ないのですけども。
この話に出てくる監獄の名前がミルバンクっていう、英国に実在した
特殊な形状の環境劣悪な監獄だったらしいんですが、

ミルクパン監獄としか読めなかった桂桂。

雰囲気台無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5thstarにときめく

RSSリーダーで偶然、5thstar_管理人_日記さんにお邪魔させて
いただき、5thstarの存在を知りました。
そちらの「選抜体験記」に、「うぁぁぁぁ『ライトスタッフ』だぁぁぁ」と
思わず身悶え。そして野口さんと5thstarの皆さんの心意気に
ときめきました。そぅっとお慕いさせていただきます。
うーむ、これだからココログはやめられない。

※「ライトスタッフ」は83年製作の米映画。
サム・シェパード、スコット・グレン、エド・ハリスと
大っ好きな俳優さんが多数出演している
内容もそれは素晴らしい映画なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「捕虜収容所の死」


cover
捕虜収容所の死/マイケル・ギルバート
石田善彦 訳 創元推理文庫

タイトルだけ見ると、「うわ。また重そうなノンフィクションもの?」
とかいう印象を持ってしまうのですが、英国ミステリ付き
大脱走ものと言った方がいいかな?
発表は1952年。おお、ジェフリー・アーチャーより古いんだ。

舞台は第二次大戦下のイタリア。ある捕虜収容所で
英国軍将校たちにより密かに進められていた脱走計画の
さなか、当のトンネル内で、収容所での嫌われ者だった
1人の捕虜の死体が発見される。
脱走計画を破綻させかねないその不可解な死の真相を探るため、
ゴイルズ大尉が探偵に任命されるのだが…

前半は、脱走計画を進めつつ収容所生活を送る兵士たちの姿を、
ラグビー狂いやオタクな演劇グループなどといったユーモア溢れる
エピソードを交えながらいきいきと描き、後半は、陰謀や暗躍する
スパイの影をちらつかせながら、タイムリミットまで緊張感を高めていきます。
あっけないほど静かな謎解きが少々物足りない気もしましたが、
最後まで一気に読ませる力があります。
この人の本格推理小説も読んでみたいな。
あと、ファシストやカラビニエーレ(軍警察)はともかく、大戦中でも
イタリア人って好かれてたんだなあ、というのがちょっと
新鮮な驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまごごはん

お正月も三が日を過ぎると、こんなシンプルな朝ご飯が
無性に食べたくなるものです。

卵は黄身だけ使います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年おめでとうございます

遅ればせながら、おめでとうございます。
大晦日の飲み過ぎで若干(ていうかかなりw)二日酔い気味
ではありましたが、たいていのお宅がそうだったように、
うちの正月もまったりと過ぎていきました。
初日の出も見たし、初詣で大吉引いたし、宝くじは三千円当たったし。
幸先の良いスタートだったので、この調子でまた1年、
小市民生活をほのぼの過ごしていきたいものです。
皆さんにとっても良い年でありますように。

で、田舎引きこもり用の本たちもほぼ読み尽くしてしまったので、
実家の愛犬に別れを告げ、

でへでへ♪(←分かってない)

羽根を伸ばしまくったまるちゃんを連れて帰ってきました。

まだ探検終わってないんだけど

冬休みもあと1日。正月ボケのリハビリが必要ですなw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローラ・パーマー?

むう、元ネタの古さは可愛さでカバーという魂胆だな?
040102_2030.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文旦

我が家では、こたつには「ミカン」より「文旦」が
メジャー位置につけています。
皮をむくのが大変なので、途中で「一個ちょーだい」
なんて取られるのは非常にムカつきますw
なので、我が家では「一人一個、自分でむくこと!」が
暗黙の了解となっております。
040101_1502.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »