« 5thstarにときめく | トップページ | 忍者TOOLSの表示が変わっておる… »

「半身」


cover
半身/サラ・ウォーターズ
中村有希 訳 創元推理文庫

19世紀のロンドン。上流階級の令嬢が、慰問のために訪れた
女囚監獄で美しい霊能力者の娘と出会い、やがて飲み込まれるように
彼女の神秘的な力に魅せられていく…

全体的に漂うじっとりとしたゴシックホラーのような雰囲気のなか、
“わたし”の書く手記形式で物語は進められていきます。
時間軸は微妙に前後し、“わたし”も入れ替わり、読者を
まるで渦に引き込むようにくらくらさせながら、
「いったいこの話どこ行くつもりやねーん!!」と
最高潮まで盛り上げて盛り上げて、そして結末。

ぶっとんだ。

もうね、ジャンルとか筋とか余計な先入観なしに読んで欲しいです。
アレがどうでコレがああだったとか、言いたいんだけど、ほんともう
喉のこの辺まで出てるんですけど、下手に言えないこのもどかしさ。
ミステリの感想なんて書くもんじゃない、って思うのはこんな時(T_T)

あと全然関係ないのですけども。
この話に出てくる監獄の名前がミルバンクっていう、英国に実在した
特殊な形状の環境劣悪な監獄だったらしいんですが、

ミルクパン監獄としか読めなかった桂桂。

雰囲気台無し。

|

« 5thstarにときめく | トップページ | 忍者TOOLSの表示が変わっておる… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「半身」:

« 5thstarにときめく | トップページ | 忍者TOOLSの表示が変わっておる… »