« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

着付け教室も終了

人形に着付け

人形は文句を言わないので、「うりゃあぁぁ!」とチカラ一杯
遠慮なく締めることができますね。一種のストレス解消ですw
ええ、桂桂の着付けに雅さなど存在しません(←きっぱり)。

さてさて、これで着付け教室通いも終わり。
一応お太鼓も手結びで結べるようになりましたので、
あとはもう本なんか読んで1人で勉強しなくちゃです。
これからは色んな帯結びも試してみたいな。

とにかく着慣れることが大事ですよね。
着物に負けないようどんどん着まくるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それにつけてもココログの重さよ

投稿はサクサクできるのに、いったいどうしたもんでしょ。
うちのサイトも重くってすいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も失敗

むう…

あくびの瞬間を捉えるのは、ホント難しいです。
しかし大きな口だねえ……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

こぶしの花

こぶし

今日は弟のパソコンにメール設定をしに実家へ。
桜はまだまだ咲き始めたばかりといった感じでしたが、
かわりにこぶしの花がキレイに咲いていました。
花弁の数が多いので、四手辛夷(しでこぶし)なのかな?
モクレン科(マグノリア)の樹木です。

暖かい日に外に出るのは気持ちいいですねえ。
陽気に浮かれて今日は春物の服をホイホイ買い込みましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悩ましいスタイルシート

普段は IE を使っているのですが、色々とスタイルシートを
いじっている以上、他のブラウザでどう表示されているか
きちんと確認しとかないと! と思い立ちまして、
Netscape をインストールして見てみました。

したらば、やっぱりやっちまってただよ、おっかさん(T-T)

IE (6.0)の場合 ←桂桂の意図するほう。
Netscape (7.1)の場合
(重いです。それぞれ約80kb)

えーと、上の画面には表示されてないのですが、
イメージしていたデザインというのは、

 (1)サイトのコンテナの左下部に固定背景として画像貼付。
   コンテナのbackground-color は白。
 (2)サイドバーとセンター(真ん中の記事本文部分)の背景に
   (1)の画像が表示されるよう、それぞれの background-colorの
   指定を無しにする。(コンテナに色を依存する感じ)

だったのですが、Netscapeでは、なぜかスタイルシートで
「#container」として指定している部分が反映されてなくって
背景が透明になっちゃってるんですね~。
下の壁紙が丸見えですw
というか、コンテナ部分の height がおかしいんだなぁ…
何かが邪魔しちゃってるんだろう、という気はするんですが、
どこがおかしいのかサッパリ。

うう、週末はこれの解決に時間を費やさねば。
きっととんでもない指定をしているに違いないw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

し……!

糸くずでもないんだな、これが。

置いてたセーターに付いてまして、
はじめは何かと思ったんですよね。
「おんや~、まるたんのおヒゲかにゃ~?」
手にとってびっくり。

し、し、しししし!

あっさり。
「アンタそれ白髪だね」

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

「かにゃ~」なんて言ってる場合じゃないよ、自分!
慌てて髪の毛まさぐってみましたら、
ホントに生えてました。右側頭部に少なくとも3本……。
ショックです。もんのすごいショックです。
1本見つけたら100本あると思えと。(それはゴ○○リ。)

あ、一応言っておきますが、

若白髪ですからね!(握り拳)

幸いオモテからは見えにくいところに生えてますが。
それにしたって、いつのまにこんなものが!
ストレスかなあ。確かに一時忙しかったし。
身体は正直って言いますしねえ……。

まあ、生えてきてしまったものはしようがないので。
黒くなるようにワカメしっかり食べなくっちゃ。
(↑無根拠w)

ていうか、抜きたいです。無性に。
ダメでしょうねえ。増えちゃいますかねえ。
ああ、ムズムズするっ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

リスト設置ほか

ようやく MyblogList を設置しました。
それこそ節操なく鬼のように登録させていただきましたw
皆さま、更新を楽しみにしておりますですよ~!
(と、勝手にエール♪)

BlogPeople のほうはどうしようかな…BB は楽しそうですが
桂桂の誕生日は来年なのでしてw
サイトへの表示はせずに登録だけはする、ていうのは
果たしてアリなんでしょうかね(^_^;)
ちょっとまた考えておきまする。

あと、マクパペット復活させました。
いつの間に日替わりなんて始めてたんだろう。
くぅー、遅れをとったが日参しますよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

難しそう…

実家の弟が今日初めてパソコンを買うそうです。
仕事では使ってるけど、自分用に買うのは初めてなのです。
機種の方はもう決まっているのでさっさと買う予定ですが、
設定のほうがさっぱりなので、桂桂に実家帰宅要請がありました。

インターネットが使えて、さらに無線LANができるように、
なんだそうですが、
プロバイダとかADSLとか全然決めてもないし契約もしてないし、
そんなので今日使えるようにしろなんて無理です弟よ。

無線LANなんて桂桂もやったことないんですけど…
カンタンなんでしょうか? 
理屈はわかるから取説読めばなんとかなるかなぁ。
分からないことがあってもネットで調べられない…ああ、不便な田舎w

とりあえず、急遽仮設置に行って来ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ちょびっとデザイン変更

うああ、ついついハマってこんな時間になってしまいました。
今日変更したところは以下のとおりです。

○タイトルバナーの画像変更
○コンテナーの下部に画像配置
○カレンダーの体裁整え
○その他細かいトコちょこちょこ

次回持ち越し案件
○サイドにある「カテゴリー」とかの見出しとその中の
 リストを1つのグループとしてまとめて体裁を整えること
(クラスで囲んだりしてみたのですが、余白がうまく
処理できずギブアップ ^_^;)

今回、JavaScript::Bookmarklet のBookmarklet
(「DIVのid部を表示」とかスタイルシート関連のもの)が
スタイルシートを考えるうえでとても役立ちました。
どういう作りになっているのかビジュアルで理解できるので
あちこちのサイトのデザインを参考にさせてもらったり、
自分のスタイルシートの穴を見つけたりw
便利なツールがあるものですねえ。

ふわぁ~、しかしもう限界です。おやすみなさい~!
コメントへのレスは明日必ず!!m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

着物お道具(2) たとう紙

16031801.jpg「たとうがみ」と読みます。
漢字で書くと「畳紙」。
着物の保管に使う入れ物です。
和紙でできているので、湿気を吸い取ってくれます。
通常の着物用のと、帯用の短めの丈のものがあります。

16031803.jpg着物は二つ折りにして入れ、左右の紙をたたんで
紐を結び、そのあと上下の紙をたたんで紐を結びます。

普通は着物屋さんで着物を仕立てると一緒にもらえますが、
古着屋さんで買うと、大体ビニール袋か紙袋になるので(^_^;)、
自分で別途に買わないといけません。
たまにデパートとかで売ってるのを見ますが、
3枚で千円超えちゃったりするんですよね。
たとう紙は保つとは言え消耗品だと思ってますので、
なるべく安いとこないかなーと思っていたら、
近くにある昔ながらの紙屋さんに売っていました。

写真のたとう紙で1枚160円と140円。
10枚単位だともっとお安くなって1,400円と1,300円。
や、やすい……!
実家で使っているたとう紙が長年の努めの証か、
黄色く変色してそれは愉快な具合になってるのを思い出しw
どちらも10枚ずつ買っちゃいました。
うーん、卸のお店っておいしいですねえ。得しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カテゴリーの記事数表示/プロ

SO505i Stand-by Dispさんのところで紹介されていた技を早速導入。
カテゴリーの小タイトル横にそれぞれの記事数が表示されるようになりました。
これがあると、そのblogサイトの傾向が他の人にもわかりやすくなりますね。
うーむ、やはりMTタグも勉強しないと。

ssさん、いつもありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつものことですが

タテに寝りゃ狭くないのにヨコに寝て飼い主様がフトンはみ出す
           寒川猫持 「猫とみれんと―猫持秀歌集」より

きみのことですよ。

くかーっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタイルシート再構築中

はーい、早速プロしてますw
いやはや、平日にアップデートだなんて意表を突かれました。
桂桂、まだ夕飯も作ってないですよ……

とりあえず、今までマイリストに置いてあったCSSファイルを外して、
テンプレードビルダーで文字色なんぞ、ちょこちょこ変更。
でもビルダーではタイトルバナーに壁紙を並べることが出来ないらしいので、
(画像はアップできますが、1つだけしか置けないようですね)
テンプレートエディターなるもので適宜スタイルシートに必要部分を追加しました。

が、いくら保存しても反映しても変わらない……なぜじゃ!?
と思ったら、編集したテンプレートセットを、「デザインを選択」の
メニュー画面で変更しないとダメなのですね~。
ココログの中・上級ガイドにもよく見たら書いてありました。
最初に必ずつまづくところ、数ヶ月たっても相変わらずですw

大体もとの通りに落ち着いたので、一休みして
これからご飯作ります^^

アクセス解析は「検索ワード」機能はないんですかね~?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今宵の映画はw

「まるの逆襲」?w

ぴっくあっぷさんのところで紹介されていた「Letter James」
メッセージを色々表示させるのが面白くて
ついつい小一時間遊んでしまいました。
ホントは絵ハガキを作ってくれるサイトさん、なのかな?
こういうのが日本語でもできたら楽しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったり過ごす日曜日

今日もあたたかな日でしたねー。
午前はハハ作“塗ってるうちにクリーム溶けてきたw”という
まだら模様の苺ショートケーキを食しながら「イリアス」上巻を読了し、
午後はまるちゃんの追っかけをして過ごしました。
春はいいですなぁ。

日なたで毛づくろい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初めてのお出かけ

今日はお友達3人と初めて“着物でお出かけ”してきました。
こないだ京都に行けなかったMちゃんに「銘仙を見せれ!」と
言われていたので、おとなしく緑の銘仙を着ましたw
んが! 一番大事な「着物姿」を撮ることを忘れていましたよ…。
カメラ持ったヤツが3人もいて、それに気付く人間が1人もいなかったとは、
春の陽気のせいですね~(^_^;)

とりあえず着たもの。
緑の銘仙、Hちゃんに借りたオレンジ系の名古屋帯、
黄緑色の帯揚げ、クリーム色の帯締め、クローバーの柄足袋。

お出かけ先は、アンティーク家具を置いてある喫茶店と、
手芸店と、その他諸々。

アンティーク喫茶別室
↑置いてある調度品が、ライトから戸棚まで
ほぼ売り物だったアンティーク喫茶店。
昭和初め頃?の和モノ中心で、どこか
懐かしい感じのする小さなお店でした。
写真は別室。箪笥とか鏡台とかありました。

畳にも見えるw
↑こちらは和装小物も売っている手芸店で
手に入れたリサイクルものの帯。4,800円くらい?
「ゴザ帯」と名付けました。
模様の編み方が「ゴザ」ぽいのでw
実際、まるがこれを見た途端に、シャキーンと
爪を立てようとしたので慌てて阻止!

しかし、ほとんど車移動だったせいもあるのでしょうけど、
心配していた下駄の靴ずれ(?)もなく、足さばきも快適に、
思っていた以上にあちこち歩けました。
Hちゃんは草履で車運転してましたよ。(それはちょこと不安ではありましたが;)

ただ、4WDとか車高の高い車って、着物には辛いんですよね~。
どうしても腰から乗らないといけないんですけど、
高くて届かない……Σ( ̄□ ̄;) ←背の低いヒト
なんとか地味な背面ジャンプでしのぎましたが、
おかげで着物の後ろ裾はどんどん下がって着崩れてゆく~~w
着崩れ防止には車の選択にも気を使わねば! と悟った桂桂なのでした。

でもでも、初めての“着物でお出かけ”は本当に楽しかったです!
周りから指を指されることもなかったし、お直しおばさんにも遭遇しなかったしw
「おしっ、次回は花見だ!」「おう!(≧∇≦)」と調子づく3人だったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おでぶちゃんだった頃

先日に引き続き、プチ過食な食欲と闘ってます。
さらにこんな写真で強く自分を戒めている日々。

でーん!!

まるが一番太っていた2年前くらいの写真です。
写真では分かりにくいかも知れませんが、お腹がですね、もうね、
ハラんでますか? と。
ホント獣医さんに言われちゃう始末でしたよ。避妊してるのに!w

自分がそう言われないよう、気をつけなくては!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

速い!

魔の23時台だというのに、投稿が異様に速くてびっくり!
さすがココログスタッフ! さすがメンテ!

いや、それだけなんですけどもw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

このハラの空きかげんは…!

まずいです。

夜中に無性にパンが食べたいのです。

これは春先に必ず起こる徴候なのです。
猫の発情期と同じですね。(←違います)
しかしその先には、5キロ増の体重計目盛が…!(ひぃぃ!)

この時期ってちょうど仕事が一段落する時で、
気が抜けてしまうせいなのでしょうか。
お腹がふくれていても食べたくてしょうがないのですよね。
今年も桂桂の体に何らかのスイッチが入った模様。

普段なら、「“○○が食べたい”と思うのは身体にそれが不足してる証拠だ!」と
欲望の赴くままに食している桂桂ではありますが(乱暴な)、
パンはいけません。夜はいけませんよ。
特に食パンをそのまま食べたいと思ったら最後です。
立派にレッドゾーンに入っています。

そして今、桂桂はレッドゾーンに足を踏み入れかけています…!
危険だー! 危険だー! 太るのは嫌だー!
太るのは簡単だが、元に戻すのは大変なのだー!

と、とりあえず無印の「種なし干し梅」を食べながら
強く自分を戒めてみる今日の日記なのでした。

しかし干し梅は喉が乾くわ……(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「イリアス」読んでます

5月公開の映画「TROY」の原作その1「イリアス」を読んでます。
でもこれがなかなか進まないのですわ。
現在上巻の半分あたり、第七歌に入ったとこです。
確か読み始めたのは先週だったはず……(汗

現代語に翻訳されてるとは言え、何しろテキは古典ですから、
クセのある文体や表現、おまけに登場人物の並ならぬ多さに
悩まされております。(名前を覚えるのは、第二歌の「軍船表」
あたりで投げましたけどw)
睡眠前に読むと、異常に寝付きが良くなる、と言う点は桂桂お墨付き(^_^;)

でも話の筋は面白いです。アキレウス(表記は本に沿ってます)
以下、主要人物のキャラクターはさすがに魅力的です。
現在のところ、どちらの軍に肩入れしてるとかいうのはないんで、
オデュッセウスが活躍してるのも、敵国のヘクトルが強いのも
同じように楽しく読んでます。(アキレウスは大将とケンカして
拗ねて篭もってます。次に出てくるのはいつだろうw)

で、今まで読んだ中でのツッコミどころ。

神さま方、いくらなんでも介入しすぎ。

戦闘中でも、お気に入りの人間がピンチになると、さぁーっと
飛んできて助けちゃったりするもんだから、話が余計こんがらがるのですよ。
桂桂、毎晩ページをめくりながら「きぃーっ!」とハンカチ歯噛みしてますw
人間のお願いを聞いたり聞かなかったりする基準も良くわからない点がなんとも。
ま、キャストを見る限り、映画ではゼウスを始め神さま方は出て来ないようです。
さすがに神話まで絡めたら収拾つかないですわね。ちょっと安心。

あとですね、

パリスのダメ男っぷりに爆笑。

お兄ちゃん(ヘクトル)に言わせると、ホントは強いらしいんですけどもね。
決闘の最中に、女神に助けられて家に連れ戻されたとはいえ、
妻とそのままベッドに直行するのはどうか。
妻もあきれてますがな(^_^;)
これも映画では美しく脚色されるんでしょうかねw
いや、そうやって読むと、トロイア軍、意外に楽しいかもしれないぞ……

てな感じで気長に読んでおります桂桂でありますが、
手っ取り早くトロイア戦争についてお知りになりたい方は以下でどうぞ。
詳しいあらすじが載っていますので、原作を読まずとも安心して映画に臨めます^^

  「イリアス」 フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空つめとぎ

この枯れた樹皮の感じがなんともいいのよ

で、まるたんはというと、カナダ楓で爪とぎです。おいw
生木はやはり段ボール製の既製品とは感触が違うんですかね?
心なしか周りを気にしながらビクビク研いでましたw
もちろん木を植えた父には内緒の1枚。
まだちょっと寒い春の1日でした^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

椿(?)

椿…だと思いますw

こちらは雨上がりの朝に1つだけ咲いていた花。
バラみたいでなかなかセクシーでしょ?w
八重椿の仲間だと思うんですがあまり自信なし。
普段は4月頃に咲くそうです。
樹木系の花はけっこう好きだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈丁花

沈丁花

秋を感じるのは金木犀の香りですが、では春はと言えば、沈丁花。
ほのかな甘い香りが好きな花です。実家でも咲き始めました。
ここ最近は寒の戻りで厚いコートが手放せなかったのですが、
この花を見ると、春は近いぞ~と気分的に嬉しくなるのであります^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入れてえぇ!!

わはは!(←オニ飼い主)
040305_2150.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ごめんなさい、入れてください

そうくると思ったw
まるは結構寂しがりなのです。
040305_2140.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出してください

実家にてのんびりしております。
家族で「たそがれ清兵衛」見てますが、まるは興味ナッシングの様子。
でも耳はこっち向いてるんだよね。ぷw
040305_2126.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「マスター・アンド・コマンダー」

レディースデーだったので見てきました。
先天的船酔い体質の桂桂ですが(^_^;)「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
影響で帆船ものに興味があったのと、「ビューティフル・マインド」の
ポール・ベタニーが出てるということ、それに LotR のピピンこと
ビリー・ボイド出演! が強力な後押しになって公開前から見る気満々、
の映画でした。

原作は「ジャック・オーブリー・シリーズ」として日本でも翻訳
刊行されているイギリスの海洋小説。映画の時代背景は1805年。
ナポレオンがヨーロッパ侵略をすすめていた頃で、フランスは
私掠船(民間武装船。国公認というところが海賊とは微妙に違う)を
使って、敵国の通商路を撹乱したり捕鯨船を襲わせたりしてたわけです。
これに対抗すべくイギリスが派遣したのが、ジャック・オーブリー艦長
率いる“サプライズ号”であり、映画では強敵の私掠船“アケロン号”との
死闘を描いています。パンフによると、ここらへん、原作とは
若干設定を変えているようですが、それほど気にはならない程度らしいです。

さて、桂桂が予告で気になっていたのが「なんで子供がそんな船に
乗ってるのか。船上版“いまを生きる”なのか?」だったのですが、
当時としては少年が戦闘艦に乗るのは珍しくなかったらしく、
これくらいの年頃からでも徴兵はされていたようですね。
映画内で特に周りから可愛がられるブレイクニーもその1人で、
下っ端とはいえ上流階級ですからハナっから士官候補生です。
「ミスター・○○」と呼ばれ、機会を与えられれば艦長や上級士官の
食事の席に同席もでき、大人同等の扱いを受けてるようですよ。
(映画を見た限りですが。)
だもんで、この映画は少年の成長をメインとした映画ではなくて
(その側面は有りますが)、あくまでも、オーブリー艦長と
親友の船医マチュリンを中心とした海洋歴史活劇として見なくちゃ
いけないようです。ということを開演10分前にパンフでお勉強w

で、前置きが長くなりましたが本編。
さすが帆船同士の砲撃戦は大迫力でした。もうね、そんなすぐ壊れるような
船で戦闘しちゃだめだって! と心配になるほどドッカンドッカン!
打ちまくり爆発しまくりで船員吹っ飛ばされまくり(^_^;)
アカデミー賞で音響編集賞とったのは、この砲撃音の迫力のおかげだろうな。
戦術とか、多数の人の手で帆船を動かすシーンはワクワクものでした。

ただ、ドラマとしてはどうかと言われると……うーむ、なのですね。
いい素材なんだけど描き切れてないっていう感がありあり。
え、もう次いっちゃうの? とか、あの伏線はいったい……とか
ツッコミどころ満載だったのでございます。
あと、この監督白兵戦を撮るのは苦手な様子。主役級のチャンバラは
それなりだったのですが、見せ方に難あり(>_<)
クライマックスのシーンなんだからもうちょっと大事に
撮って欲しかったかなぁと思った次第です。はい。
「刑事ジョン・ブック/目撃者」とか「いまを生きる」とか、
好きな作品を撮っている監督さんなんですが、アクションとドラマの
両立は難しかったのかなあ。

キャストは良かったですよ~。ラッセル・クロウはさすがの存在感だし、
ポール・ベタニーは彼がこの映画支えてると言ってもいいほどの演技でした。
そして我らがビリー・ボイドは思ったより出番の多い脇役でした。
ボンデンという名の操舵員です。舵をとってるんですよ奥さん!
他の船員に比べてセリフも多かったし、アップもあったし、
何より最後まで生きていられましたw ああ安堵。
剣さばきも光ってましたよ。さすが中つ国で鍛えただけのことはあります。

しかしあれですね。普通に見ればなかなかの出来だったかもしれない
「マスター・アンド・コマンダー」ですが、いかんせん RotK を
見まくった後だから、色あせて見えちゃうんでしょうかね。
そう考えると、RotK ってつくづく罪作りな映画(^_^;)


「マスター・アンド・コマンダー」
2003年 映画

監督:ピーター・ウィアー
出演:
[ジャック・オーブリー艦長]ラッセル・クロウ
[スティーヴン・マチュリン]ポール・ベタニー
[バレット・ボンデン]ビリー・ボイド
[トーマス・プリングス]ジェームズ・ダーシー
[ウィル・ブレイクニー]マックス・パーキス

| | コメント (0) | トラックバック (2)

京都戦利品

遅ればせながら京都でのお買い物報告でーす。

1日目 だいやすにて

ずらっと。ぎっしりと。1階は主に和小物、そして2階にこんな感じで着物の古着が所狭しと積まれていました。
圧巻! 
この中から良さそうなものを引っ張り出しては広げたり羽織ったり戻したりwするわけですね。
畳なので見やすく、ついつい長居しちゃいました。お客さんはそれぞれの階に常に5、6人はいるという感じ。
子供用の着物も少しありましたよ。

緑って変わってるかなあ…で、桂桂が買ったのは緑の銘仙。11,800円。ちと高い?
着る機会があるかなあ……早くも不安。初めての古着だし、こんなものかなあ。
しかし他の人が着てるものが欲しくなる、というのは、洋服でも着物でも一緒だと知りましたw

この日は四君子さんにも行きたかったんですが、
丁度改築中とのことで残念ながら寄れずじまい。
結局だいやすさんで半日つぶして旅館に戻りました。

2日目 やゝにて

お店は小さいですが、雰囲気があって、
質の良い古着が置いてありました。んが写真撮るの忘れた(>_<)

可愛いのだ!ここで買ったのは8,000円の小紋。
これはお気に入りとなりました^^
びっくりするほどサイズもぴったりだし着やすい。
ヘビーローテ確実です。すごい赤に見えますが、実際は淡い桃色で、遠目に見るとそれほど派手じゃないんですよ。

ぐるぐる~それと袋帯です。渦巻柄25,000円。
高かったんですけど模様が面白かったのと、袋帯を持ってなかったので、つい予算外でカード使いましたw
帯は難しいですね~!

ちんぎれや(珍裂屋)にて

豆ガマ古代布(150年前くらい?)の豆ガマ口財布を買いました。2,000円だったかな?
これに可愛い根付けをつけて帯に入れるんだ~^^

たんす屋にて

ここは高速バス乗り場の待合所のすぐ裏にあって、
行きがけにも気になっていたリサイクルきもの屋さんです。
こちらには帰りのバスの時間ぎりぎりに(15分前くらいw)、
お土産用のはぎれを買うために寄ったのですが、
意外や良いものがあって、友達とホクホクしながら
大急ぎで買い物しました。
「最初にここに寄ればよかったね!」なんてw
でも色々見た後だからこそ言えるのかもですね。
多少は見る目が養われたかなあ(^_^;)
買ったものは4,800円の半幅帯と2,800円の柄足袋。
足袋は春先に良さそうな涼しげな木綿です。
半幅帯 柄足袋

ということで、予算外の袋帯を除けばw税込で締めて30,870円でした。
今回初めて古着屋さんを見たんですが、着物をこれだけ見たり
触ったりすること自体が今までにないことでした。
おかげで自分の好みが大分わかってきたような気がします。
桂桂はシンプルなのが好き。なんだ、つまり洋服と一緒じゃんw
や、でもそれが分かっただけでも良い旅でしたよ。

京都は人当たりも優しいし、素敵な着物姿のお姉さんも
じっくり見られるし、着物好きにはホントいいトコでした。
今度は「市」とかにも挑戦してみたいです。
また行きますぜ!

さ、今度はこの着物のコーディネートを考えねば。うひひw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アカデミー賞授賞式(4)

すいません、重いのでさらにエントリ。

主演男優賞
ショーン・ペンとりました!
初めて会場に来て、そのまま演台にのぼれましたね~。
プレゼンターはニコール・キッドマン。
ビリーからのビル・マーレイへのフォローもよかったw

作品賞
プレゼンターはスティーヴン・スピルバーグ監督。

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」

とれたあああああああああああ!(T_T)

ほとんど当確とは言え、最後までドキドキしましたよぅ。
ホビッツ4人、涙目です。良かった、とれて。

☆☆

てことで、終わりました。
しかし今年の授賞式はえらくあっさりしてたような印象があります。
最初のビリー・クリスタルの合成映画にお金をかけすぎたのかw
ショーの部分が歌だけだったし、やたら時間が押してたのか、
コメントもみんな急ぎ足。ちょっと寂しかったかな。

結局、授賞式に出席していた指輪俳優陣は、イライジャ、ドミニク、ショーン・A、
ビリーとリブ・タイラー、イアン・マッケランだけだったでしょうか。
このあと、あちらでは受賞パーティーですね。
ヴィゴとか、オーリとか、ショーン・Bとか、アンディとか、デヴィッド・ウェンハムとか、
カール・アーバンとかミランダ・オットーとか……その他たくさんの出演者たちは
そちらへ出席したりするんでしょうか。
うおー、どちらかというとそっちの方が見たいです!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

アカデミー賞授賞式(3)

作曲賞
プレゼンターはスティングと、んと、もう1人誰だっけw
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」受賞!
ハワード・ショアきたー!

編集賞
プレゼンターはジュリアン・ムーアとピアース・ブロスナン。
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」受賞!
ここまでで7部門ですか! うはは!

☆☆

ライブ・パフォーマンス。
「みんなのうた」からユージーン・レビーとキャサリン・オハラ。
映画同様、曲間のキスもばっちりw いい味だしてるなあ。
続けて「ベルヴィルの三姉妹(原題)」から。このアニメ見たいっす。

☆☆

歌曲賞
プレゼンターはジャック・ブラックとウィル・フェレル。
ジャック・ブラック好きだぁ! 早く「スクール・オブ・ロック」見たいです~!
じゃなくてw
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」~「イントゥ・ザ・ウェスト」受賞!
うわ、正直これとれると思わなかったです。

外国語映画賞
プレゼンターはシャーリーズ・セロン。
「みなさん、さようなら」が受賞。
うーん、山田監督残念。

撮影賞
プレゼンターはジュード・ロウとユマ・サーマン。
「マスター・アンド・コマンダー」受賞。
おお、意外に高評価されてて良かったです。

☆☆

脚色賞
プレゼンターはフランシス・フォード・コッポラとソフィア・コッポラ。
この親子が並ぶとさすがにすごい図だと思うw
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」受賞!
来たよ来たよ!フラン・ウォルシュ、フィリパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン!
おめでとう!!

脚本賞
プレゼンターはティム・ロビンスとスーザン・サランドン。
スーザンの肩ひもがキケーン!
「ロスト・イン・トランスレーション」受賞!!
わー、とっちゃいましたよ、ソフィア・コッポラ!
てことは作品賞はやはり……

監督賞
プレゼンターはトム・クルーズ。

ピーター・ジャクソン受賞!

きたきたきたーーーー!!!!
良かったよう! おめでとうおめでとう!!

主演女優賞
プレゼンターはエイドリアン・ブロディ。
昨年の主演男優賞受賞の時は、プレゼンターのハリー・ベリーに
熱烈キスをお見舞いした彼。今回もマウス・ウォッシュばっちり。
キスの準備はいいようですw
シャーリーズ・セロン受賞。
やはりああいうのがアカデミーの好みでしたか。ふーむ。
キスは軽かったですw 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アカデミー賞授賞式(2)

な、なんかココログが重くなってきた……(汗

メモリアル(追悼)はボブ・ホープ。

☆☆

短編実写映画賞
プレゼンターはベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン。コントw
「ツー・ソルジャーズ(原題)」受賞

短編アニメ映画賞
「ハーヴィ・クランペット(原題)」受賞

☆☆

歌曲賞ノミネートのライブ・パフォーマンス。

「コールド・マウンテン」から2曲。スティングとアリソン・クラウス。
続けてアリソン・クラウスとエルヴィス・コステロ。
3曲目はお待たせ「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」から
アニー・レノックスの「イントゥ・ザ・ウェスト」。

☆☆

視覚効果賞
プレゼンターはウィル・スミスとジェイダ・ピンケット=スミス夫妻。
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」受賞!

科学技術賞は別会場で授賞済み。
受賞者は……うーん、省略!w
プレゼンターはジェニファー・ガーナーでした。

名誉賞ブレイク・エドワーズ
「酒とバラの日々」「ティファニーで朝食を」「ピンク・パンサー」の
監督さんだそうです。プレゼンターはジム・キャリー。

☆☆

メイクアップ賞
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」とりました!
プレゼンターはスカーレット・ヨハンソン。

音響賞
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」受賞。いくつめ?w
プレゼンターはサンドラ・ブロックとジョン・トラボルタ。

音響編集賞
「マスター・アンド・コマンダー」受賞。

あ、受賞したスタッフさんの名前はたくさんいるので省略しています。
あしからず。

☆☆

追悼 キャサリン・ヘップバーン

☆☆

短編ドキュメンタリー賞
プレゼンターはジョン・キューザックとダイアン・レイン。
「チェルノブイリ・ハート(原題)」受賞。

長編ドキュメンタリー賞
プレゼンターはナオミ・ワッツとアレック・ボールドウィン。
「ザ・フォッグ・オブ・ウォー(原題)」受賞。

☆☆

メモリアル・トリビュート
グレゴリー・ペックは映画人生の中では初恋の人でしたよ。
グレゴリー・ハインズも亡くなったんですね。

☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アカデミー賞授賞式はじまります

wowow の中継を見ています。
司会が謙さんのお友達、内藤剛志さんというだけあって、
レッドカーペットの上の謙さんのインタビューがとても
リラックスして見えますな。
というか、あまりに二人が仲良くて、インタビューというより
謙さんの会場リポートって感じがw
楽しんでもらいたいものです。

☆☆

同時翻訳、大変そうだ(^_^;)
リアルタイムって感じがよく出て、違う意味でこちらもドキドキしますw
通訳の皆さんがんばれ!

☆☆

ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンのインタビュー、
これ、ネタだったのかな? この二人、コンビ定着しとるw

ジュード・ロウ、美し~! エレガント!
キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、体型見事に戻してます。
ビル・マーレイ、し、下着見落とした! 夜確認しなきゃ!

デップーーーーーーー!!!!
なんかスッキリ爽やかなんですが!!
可愛い! 紳士的! 素敵ぃぃぃ!

☆☆

はじまりました!
最初に登場したのはショーン・コネリー。

きたー! ビリー・クリスタル!
さまざまな候補作の映画に合成で登場してます。
むちゃむちゃ凝ってる! おもろすぎ!

ビリー、今度は各候補作を有名曲をパロった歌で紹介してます。
やりたい放題ですw ショウマンやな~! 歌もうまい。

☆☆

最初は助演男優賞です。プレゼンターは、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ。
謙さんは候補者として最後に読まれました。
他の候補者に負けてない映りの良さです。ワイルド&知的。

助演男優賞
ティム・ロビンスとりました!

☆☆

美術賞
プレゼンターは、アンジェリーナ・ジョリー。
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」とりました! まず1個めw
おお、イライジャの隣にドミニクが座ってる(だからどうした)。

☆☆

長編アニメ映画賞
プレゼンターはロビン・ウィリアムズ。
ビリーが5秒遅れたと言ってますが、何を言ったのだw

「ファンディング・ニモ」とりました。
フランス産アニメ「ベルヴィルの三姉妹」も面白そう。
謙さん、時々アップになります。気が抜けないなw

☆☆

衣装デザイン賞
プレゼンターはレニー・ゼルウィガー。
レニーの白いドレスがすごいステキ!

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」とりました!
客席は、左からイライジャ、ドミニク、ショーン・A、その隣がビリー・ボイド
という配置のようです。受賞者を見る笑顔が、みんなホント優しい。

☆☆

助演女優賞
プレゼンターはクリス・クーパー。桂桂好みの悪役顔です(^^)

レニー・ゼルウィガーとりました!
順当ですね。レニーってすごく可愛いなあ。
アメリカでも好感度高いんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »