« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

「オーシャン・オブ・ファイヤー」

友人と「オーシャン・オブ・ファイヤー」見てきました。

やっぱり馬がめためたに可愛かったです!
まだら馬があんなに可愛いものだとはヽ(´▽`)ノ
ヴィゴは LotR でも撮影に使った2頭の馬を引き取ってますが、、
今回もこの馬“TJ”を自分の牧場に連れ帰ったそうです。
うーん、わかる気がする。
目に表情があってすごく賢そうなんですよー。
でも間違いなく今回も馬の方から「買ってくれ」コールがあったんでしょうw
馬好きのする体質、ヴィゴ……羨ましいぞ!
でも普通は好かれても飼えないんですけどね(^_^;)

そして同じくらい可愛かったのが、シーク役のオマー・シャリフ。
(馬と同列に扱うなw)
威厳ある族長、でも実は西部劇ファンで娘を溺愛するパパ、
という役どころをチャーミングかつ余裕しゃくしゃく、といった感じで
演じてます。72歳でも殺陣だってこなしちゃうぞ!

で、お話の方はというと、ぶっちゃけ砂漠の耐久レースなんですが、
純血種を尊ぶレースに、実は自身もネイティブ・アメリカンと白人の
ハイブリッドである主人公が、自分のアイデンティティを確かめるために、
雑種の野生馬“ヒダルゴ”とともに参加する、という
さすがヴィゴが出演するだけあって、単なる冒険活劇ものとは
一味違う筋書きになってました。
(ちなみにタイトル「オーシャン・オブ・ファイヤー」はレースの名称)
ヴィゴの役も傍若無人なヒーローというより、率直で素朴な、
いい意味での西部男、という感じでしたね。
映像のほうは、砂嵐とかイナゴの大群とか色々なシーンが
あるものの、CGを前面に押し出していないところが、
地味ではあるけどかえって好感のもてる作品でした。

あと、冒頭で出てきた端役のC・トーマス・ハウエルが
むちゃくちゃ懐かしかったですよ! 
アウトサイダー以来かなー。なかなかハンサムに年取ってた!
ヴィゴに殴られて消えちゃったけどw


余談。
映画鑑賞ののち、飲みに行って女ふたりでヴィゴ出演映画について
盛り上がったのですが、ふたりともお酒が入ってるせいか年のせいか、
俳優やら映画のタイトルが全然思い出せないのですよ!w
「アレ、あの人だよ! ナントカって映画に出てた!」
「ナントカじゃわかんないってば」
「きーっ! アレだってば、マ、マークなんとか」
「あ、ひょっとしてアレ? あの、○○に出てたナントカって人と
共演してたりする人?」
「ナントカじゃわかんないってばぁ!w」
万事この調子。あまりの物忘れっぷりにお腹が痛かったです。
まあふたりとも映画ファンなのでお互いにフォローしあって
なんとか会話は成立するのですが。
しかし“クリストファー・ウォーケン”の名前が出てこなかったのが、
ファンとしては歯噛みするほど悔しい思いをした夜でした。

……実は映画ファン失格かもしれない……のか?Σ( ̄□ ̄;)


「オーシャン・オブ・ファイヤー」
2004年 劇場
原題:HIDALGO
監督:ジョー・ジョンストン
出演:
[フランク・ホプキンス]ヴィゴ・モーテンセン
[シーク・リヤド]オマー・シャリフ
[ジャジーラ]ズレイカ・ロビンソン
[レディ・アン・ダヴェンポート]ルイス・ロンバート
[アルリー王子]サイード・タグマウイ
[アジズ]アダム・アレクシ=メール
字幕翻訳:松浦美奈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫の上にのぼる頃

はよ起きれ。二度寝から起きたら、久しぶりに
まるが冷蔵庫の上にいるのを発見。
ここがお気に入りの場所になるのは、
実は特定の季節だけみたいです。
いわゆる晩春から初夏にかけて。
それから初冬の頃。

気候が移り変わっていく頃だから、
気温の安定してる場所が心地よいのかな。

ともあれこの姿を見ると、いい加減コタツは片づけなくちゃね、
などと思う休日の昼下がりなのでした。(↑遅すぎ?w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大航海時代Online

公式サイト

初プレイは一体いつだったかしら……(遠い目)
遥か昔過ぎて、どんなゲームだったかも忘れちゃってますが、
イメージ画が美しいのでちょっと期待しようかと。
FFXI よりまったりした感じのゲームになるんでしょうかねえ。

ネットゲームって、自分のペースを保つのが難しいし、
あまり長い時間拘束されるのは勤め人にはツラいんですよね。
でもちょっとやってみたいなあ……せっかく BB Unit もあることですし。
みんなでワイワイやるのも楽しいですが、1人でも楽しめるように
工夫されてると嬉しいですね。
βテストはいつ頃なんでしょうか。

2択アンケートは、勿論「一攫千金」で!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物お道具(3) 桐箪笥

桐箪笥ハハが通販で桐箪笥を買ってくれました。
1つ19,800円で観音開きタイプと引き出しタイプです。
もう一つ引き戸タイプがあって、正式には3段の箪笥に
なるんでしょうが、引き戸ものってあまり使わないので
結局この2つだけにしました。

これからの湿っぽい季節、まずはきちんとした
保管場所が確保できてほっと一息。
上段は着物と帯ですぐに満杯になってしまいました。
下段の引き出しはまだ余裕がありますが、
空いているところに詰めたくなるのが貧乏人の性。
いや、コレクター魂と言うべきか?w
現在浴衣と木綿着物、どちらを仕立てようか考え中。
いっそ両方仕立てちゃおうかな……。

16042602.jpgさらりとした寝心地で、まるもお気に入りw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅。

16042401.jpg祝、帰還!
ということで、5日間の出張から帰ってきました。
いやー長かった(^_^;)
軽自動車で数百キロを走る旅でしたよ。
最後の方はもうハンドル握るの嫌になっちゃいました。
やっぱり普通車に買い替えるべきかなあ……
ともあれ事故もなく無事帰れて良かったです。
ていうか、まるちゃん起きてー。出迎えてくれー(T-T)

16042402.jpgほれほれ、お土産だよーん。

(これを土産にするのもどうかと思うが)

おみや……

「んあ?」

16042403.jpg

「ごはん?」

喰うな喰うな喰うなー!

まあ、歯応えはよさそうだ。

……じゃなくて。

16042404.jpg

とりあえず、お土産は気に入ってもらえたようです。

ほっ(;´▽`A``

しかし5日間の溝は大きい……

ブラッシングとお刺身で
しばらくご機嫌取りに励まねば!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花愛づる猫

あの辺がよさそうニャ。今年は良く咲いたニャ。
なんて上品なこと思ってそうに見えますけども。

単におトイレを物色中だったりw

もちろん阻止しましたけどもね(^_^;)
土の上ですることに抵抗感は全くないようで。
どんどん外猫化していくなあ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑かった……

最近すっかり暖かくなって喜んでたのもつかの間、
ここまで暑いとちょっと……確か今は4月じゃ?w
日なたに立ってるだけで汗が出るとは(^_^;)
うう、春物を出したばかりで、まだ半袖は出してないんだぞー!
家の中は過ごしやすかったんですけどもね。

暑すぎ。てな訳で、一緒に散歩に出掛けたものの、
まるは早々に車の下に避難して脱落。
帽子必須な日差しの強い日でしたよ。
アイス食べたーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ノーサンガー・アベイ」

coverノーサンガー・アベイ/ジェーン・オースティン
中尾真理 訳 キネマ旬報社

オースティンといえば、「エマ」や「高慢と偏見」のように
主人公は美人で聡明、というキャラクターが多いのですが、
初期の作品だからなのか、この「ノーサンガー・アベイ」の
主人公キャサリンは、ぶっちゃけ非常に平凡です。
でも17歳という若さならではの素直な性格と、
ちょっぴり怪奇小説オタク(w)な趣味が微笑ましいので
物足りなさはすぐに解消。またヘンリー・ティルニーという紳士の
会話の軽妙さが心地よく、軽く読んで楽しめる作品でした。

とりあえず心に残った一節を。
主人公がヘンリーの前で大失態を演じて落ち込んだあとのシーン。

 こうしたいくつかの点について心を決め、将来はいつも大いに常識を生かして判断し行動しようと決心を固めると、あとはすることと言えば、自分を許し、これまで以上に幸せになることだけだった。

なかなかこうも楽観的には考えられないものではありますがw
思わず力づけられたような気がしましたよ。
失敗して思いっきり反省したあとは、ちゃんと立ち直らなくちゃね!(握り拳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「偏愛マップ」

cover偏愛マップ ― キラいな人がいなくなる
コミュニケーション・メソッド/齋藤 孝
NTT出版

肩の力を抜いて軽く読める1冊でした。
で、読むと自分も偏愛マップを作りたくなることうけあい!

作り方はカンタン。
自分の好きなものをただ紙に書き連ねていくだけ。
食べ物、本、言葉、場所、人、グッズ、歌……なんでもあり。
書き方にもルールはありません。
「ぴしっとワープロ型」「気の向くママ型」「ビジュアル型」などなど、
人によって書き方も違っていて、その人の個性があらわれるんだそうです。
でも中途半端に好きなもの、流行りものを書いてはダメ。
とことん自分に忠実に、ホントに好きなものを書くこと。
だからこそ、人に見せた時にひとつでも同じものが好きだとわかると
会話が一気に盛り上がる、という訳です。うーん、楽しそうw
普段口べたな人でも、好きなものについては、皆何かしら
語れるものですよねー。
あと、一目で相手の興味がわかる、てのが分かりやすくていい。

最初は人に見せるのが恥ずかしいかもしれませんけど、
それを一歩乗り越えちゃえば、いいコミュニケーションの手段と
なるんじゃないでしょうか。
自分を再確認するのにも役立つかも^^

さ、いっちょ自分の偏愛を書き出してみよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBS設置

右サイドにBBSを設置しました。
コメントしづらい一言はあちらへどうぞどうぞ。
相変わらず管理人のつぶやきで埋もれそうですいませんw

ついでにフォトアルバムも隅のほーーーに作ってみました。
花尽くしになっちゃいましたが、せっかくの春ですし、ねえ?
これでようやくデジカメ買った甲斐がヽ(´▽`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの人からの手紙~まる編~

桂桂へ
桂桂、こんにちは! 噂のまるです。今日は、あたしが桂桂のことをどう思っているかを書きます。正直いって、あたしは、桂桂のことを考えて、夜も寝られません。次に、あたしの秘密を桂桂に教えようと思います。実はあたしは、カタギではありません。ではお元気で。バイバイ。
まるより

家出画策中?夜も昼もむちゃむちゃ寝てるように思いましたがw
人知れず悩んでいたのね……両思いなのに、ふっふっふ。
しかし「お元気で」とは、
いったい何処へ流れて行こうと言うのか。

立派な板前になって帰ってきてね(違)


楽しい犬生活 さん経由 あの人からの手紙

| | コメント (3) | トラックバック (1)

第一部SEE版、BS2放送へ

日本公式サイトの「ニュース」より

第1部のスペシャル・エクステンデッド・エディション、NHK BS2で放送決定!

「日曜映画劇場」
◆第1部 「ロード・オブ・ザ・リング」スペシャル・エクステンデッド・エディション
5月2日(日)19:30~23:01/NHK BS2

「アクターズ・スタジオ・インタビュー」
◆ケイト・ブランシェット自らを語る
5月1日(土)16:00~16:48/NHK BS2
◆イアン・マッケラン自らを語る
5月2日(日)17:10~17:58/NHK BS2

いやー、こうして時間で見ると長いですねぇ(^_^;)
SEE版、音声多重でスタッフのオーディオ・コメンタリーが聞けたら
なお良いのですがそれは無理な注文ってもんですねw
しかし、なんたって同日のサー・イアンのインタビューが楽しみです!
一体どんな話が飛び出すのか……!(手に汗)←妄想中

GWの楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひじきの納豆あえ

ひじき納豆早速昨日の今日で作ってみる。
単純にひじきの煮物を納豆とネギとであえるだけです。
(カラシ、タレも混ぜちゃいます)
なかなかいけますよー。
お皿を選べば意外と手のかかった料理に見えるかも。

ひじき、思ったとおり作り過ぎちゃったので、
しばらくは強制的に朝のメニューに組み込みますw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おしゃべりは楽し

040406_2125.jpg今日の話題はペ氏来日パニックから
ひじきのおいしい調理法までw
友人ともども、ペ氏の顔は好みではないって事と、
ひじきは納豆を混ぜるレシピが美味そう!
という意見で一致。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪切りのコツ

1.まずあぐらをかいて座ります(ただし安定するなら正座、椅子に腰かけても可)。
2.ネコを膝に抱っこします。ネコの体が安定するように、ネコの背中を自分の胸やお腹にもたせかけると良いです。
3.片方の手で右前足を掴みます。そのまま切りたい爪のある肉球を親指と人差し指で挟み込むように押さえると、爪が「むにゅっ」と出てきますので、もう片方の手で先の方を1~2ミリほど切ります。左前足も同様です。

 なお、「3.」に入る際に、ネコがクネクネして脱出を図ろうとする場合がありますが、そんな時は両前足を腕に乗せて(右足の爪を切る場合は左足を左腕に、左足の爪を切る場合は右足を右腕に乗せて)、腕と胸でソフトに押さえつけるようにして切ると大人しくしています。
 また、爪はとんがった状態(シャキーン!という感じ)でなければ特に切る必要はありません。無理して深爪にしてしまうと二度と爪を切らせてもらえない可能性があります。大体2~3週間の周期で、抱っこした時に「あ、痛いかな」と思うようになったら切り時でしょう。
 いずれにしても爪切りの際、飼い主はネコにプレッシャーをかけないよう、でーんと構えてなおかつチャキチャキと素早く切って終わらせてあげましょう。

……とハハに爪切り指南をする日曜の午後。
あ、やり方は桂桂の経験に基づくものですので、
全てのネコに通用するものではありません、あしからず。

しかし、今回初めて写真を撮ってもらって気付いたんですが
この時って結構切ない表情をしてるもんですねえw

爪切り中。「いいからさっさと終わらせるにゃん!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不思議惑星キン・ザ・ザ」

妻に買い物を頼まれたウラジミールは、
冬なのに裸足で街頭に立っている不思議な男と出会う。
男の「空間移動装置」に触れたがために、ウラジミールは
知り合ったばかりの学生ゲデバンとともに
キン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクに飛ばされてしまう。
嘘つきで強欲なバッツ人たちが住むこの星から
二人は無事に地球に帰ることができるのか……?


知る人ぞ知る不思議映画、ということで
長いことTV放送やレンタルを待っていたのですが、
いつまでたってもお目にかかれそうにないので(w
とうとうDVD買ってしまいました。

旧ソ連時代に作られ、同時期に発表された「惑星ソラリス」と
対極をなすとも言われるSF映画ですが、
うーん、さすが噂に違わぬ脱力系です。
これは万人に受けるとは言い難いだろうなあ……。
セットや衣装、言葉や動き、音楽にいたるまで、
華やかなものは何一つ登場しませんw
なにせ、社会的地位を左右する貴重な物資がマッチ(カツェ)
だったりするし、身分を表す服装が色つきステテコだし、
最下層の身分であるバッツ人は鈴付きの鼻輪をつけるのが義務
という何ともシュールでジャンクな世界ですw
後半に一瞬だけ登場する美しいアルファ星人が神に見えますよ。

今見ると「爆笑」とまではいかないのが辛いところですが(^_^;)
ヘラヘラと見ているうちに、がめつくって差別主義的な
ブリュクの人ってのは資本主義を痛烈に皮肉って
表してるなあ、という事が分かります。
かといって社会主義を讃えてる訳でもないようで。
そこらへんの微妙な空気感がこの頃のソ連にはあったんでしょうね。
だから当時の批評家にはさんざん酷評されても、
若者には圧倒的な支持を受けたんだろうなあ、
などと訳の分からない事を考えてみたり。
でも、あまり難しく考えずに、この不条理な世界を
ただそれとして「ニヤリ」と笑っちゃうくらいのが
正しい見方なのかもしれないです。
なんにせよ味のある映画でした。

とりあえず、奇妙な人と関わったときのために、
マッチは常備、そして地球のクロスナンバーは「013」だと
覚えておきましょう。
「クー」な挨拶はともかく、あの鼻輪だけはつけたくないもんねw

ウケたシーン:最初の出会いのところ。

ゲデバン 「あの…あそこに異星人だと言う人が」
ウラジミール 「通報しろ」
話が終わっちゃうってばよw


不思議惑星キン・ザ・ザ「不思議惑星キン・ザ・ザ」
1986年 DVD

監督:ゲオルギー・ダネリヤ
出演:
[ウラジミール(おじさん)]スタニスラフ・リュブシン
[ゲデバン(バイオリン弾き)]レヴァン・ガブリアゼ
[ウエフ]エヴゲーニー・レオノフ
[ビー]ユーリー・ヤコヴレフ
字幕翻訳:太田直子

| | コメント (2) | トラックバック (2)

今週は海賊シリーズのようですが

今日のマクパペットは著しく何かが欠けていると思わざるを得ません。

※日替わりなので現在は違うものが貼られています。
 あれはあれで変態チックでよかったんですけどね(え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年度変わり

エイプリルフール、皆さん楽しんでますねー^^
実はうちでもちょっと考えてはいたのですよね。
「白髪茶房」とかね……(遠い目)

しかしこの時期はちょうど年度の変わり目。
去る人を送り、来る人を迎え、なんて色々バタバタしちゃうので、
どうしてもエイプリルフールに気合いを入れられないのが
悲しいところなんですよねw(←素直に飲み会続きだとおっしゃい)
来年は早くからもうちょっと考えて、お祭りを楽しみたいものです。

ところで新年度を迎え、仕事場の机配置が変わりました。
なんと今回、桂桂の席は上司からパソコン画面が見えない位置へと
移動することに! ウッワーイ!
今までの背中にかかる見えないプレッシャーよサヨナラ!
これで暇な時は堂々とネタ推敲ができるってもんです!(ヲイ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »