« 「オーバー・ザ・ムーン」 | トップページ | 「リディック」 »

「抱擁」

wowowで昨日やってたんですけど、なかなか良かったですー。
タイトルとかパッケージとかwowowの予告の仕方が
ミョーに官○的なイメージだったので若干の不安はありましたが(^^;)
映画自体はしっとりとした大人の物語でした。

19世紀の詩人の秘められた恋と、証拠の手紙を探るうちに
同調するように自らも恋に落ちていく現代の研究者たち。
イギリスという舞台のせいもあるだろうけど、
ふたつの交錯した恋がほとんど違和感なく描かれていて、
とてもアメリカ人監督とは思えない(失礼)心情ドラマでした。
特にラストは秀逸。どこかホッと救われたような、
でもやっぱり切ない、という絶妙な余韻を残して、
美しい風景と音楽とともにフェード・アウト、だなんて
うぁー、うまいなもう! 泣けるっちゅーねん!

あと、筋とは全然関係ないですけど、
現代組の二人のファッションが良かったです。
特にG・パルトロウ。
ほとんどセーターなんですけど、シンプルだし質は良いし、
秋口には自分もあんな格好したいわー、とうっとり。
や、まずは元が違うということを前提に考えねばですがw

A・エッカートもあんな二枚目に見えるとは正直意外。
ワイルド系、インテリ系両方いける人なんですな。
彼の役は原作ではイギリス人らしいのですが、
あえてアメリカ人設定にしたのは正解だったと思います。
二人ともイギリス風景にいい具合に馴染んでた感じ。

あ、でも大事な証拠品を盗られそうになったからって
殴ることはないんじゃないかと……
そこらへんはやはりアメリカン体質なのかしら。ちと残念。

他にも「エマ」のJ・ノーザムとか「高慢と偏見」の
J・エールとか、マギー・スミスの息子T・スティーヴンスとか
実力派なキャスト陣も見どころでした。
いや、それにしてもT・スティーヴンスって、
演技も母譲りでしょうけど、何より顔がそっくりですよね……w


抱擁
抱擁
Posted with amazlet at 04.08.17
ワーナー・ホーム・ビデオ (2004/06/18)
売り上げランキング: 1,623

製作:2002年
原題:POSSESSION
監督:ニール・ラビュート
出演:
[モード・ベイリー]グウィネス・パルトロウ
[ローランド・ミッチェル]アーロン・エッカート
[ランドルフ・ヘンリー・アッシュ]ジェレミー・ノーザム
[クリスタベル・ラモット]ジェニファー・エール
[クロッパー]トレヴァー・イヴ
[ファーガス・ウォルフ]トビー・スティーヴンス
字幕翻訳:古田由紀子

|

« 「オーバー・ザ・ムーン」 | トップページ | 「リディック」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109/1209917

この記事へのトラックバック一覧です: 「抱擁」:

« 「オーバー・ザ・ムーン」 | トップページ | 「リディック」 »