« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

はじめました

ドラクエ8、ぼちぼちと進めております。
いやー、面白いですねえ。
ストーリーもキャラクターもいつもどおりの王道ラインとは言え、
やはり動きが加わると可愛さ倍増。
7は正直言ってプレイが単調で苦痛に思えて、
ラスト直前で投げ出しちゃった過去があるんですが、
トロデ王のアラレちゃん走りを見るだけで続けられそうです。
ああトロ……そのまま魔法解かずに雑草のように生き抜いておくれ
あと、モンスターの「さそうおどり」にもメロメロ。可愛いナー(´▽`〃)

現在うちのミュートくんはレベル13。
ククールが仲間に入って、世界地図をもらったところです。
プレイがどんくさいので、きっちりレベルあげしないと先に進めないのですが、
これもドラクエならではの楽しい苦労てやつでしょうか。
今回は時間をおいてプレイしても、次の行動を仲間が教えてくれるので
すごく助かります。休みを入れつつ、ぼちぼち続けていきます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

モース警部シリーズ「有罪判決」

服役者を犯罪者扱いしない、という実験的な刑務所ファーンリーで起こった殺人。
被害者は、会社を倒産させて多くの投資家に損をさせ詐欺罪に問われた
3人組のうちの1人。捜査にあたったモース警部は仲間割れが原因と見るが……

TVシリーズとしては「主任警部モース」としてNHKでも過去に放送されてます。
現在もミステリチャンネルで放映中
ただし日本でのTV放映は、全33話のうち原作を元にした11話だけのようで、
今回のようなTVオリジナルの回は見る機会がなかったんですよね。
Amazon.co.jpでも常に在庫切れだし。なので、AreaBさんにはホント大感謝です。
現在はVHS版しかないようですが、そのうちDVD化していただけると嬉しいなあ。

さてさて、前置きはこの辺にして感想をば。
しょっぱなから登場するのは、お目当ての豆ですよ、ショーン・ビーンですよ!

続きを読む "モース警部シリーズ「有罪判決」"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

季節はずれの

真夜中に耳障りな音で目が覚めた。
ふと鏡を見たら、上唇だけアンジェリーナ・ジョリーがそこにいた。


蚊に熱烈キッスされたのか..._| ̄|○

夢の中ではいい男だったのに(をい)

その後、しまってあったアースノーマットを取り出して、
めそめそとセットしたのは言うまでもありません。

寝込みを襲うとは、おのれ、蚊め……!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鍋会

友達の家にて泊まりがけのちゃんこ鍋会がありまして、
何年かぶりに雑魚寝してきました。

友達の家はフローリングに薄いカーペット1枚にエアコンなし、という
かなりシビアな環境。加えて「寝具は自分で用意すること!」だったもので、
家から寝袋を持参するはめに。気分はもう、屋内にしてアウトドアです。
しかし久しぶりに“飲んで語れる”メンバーだったので、寒さもものともせず
がしがし喰って、浴びるほど飲んで、とことん喋り倒してきました。

とは言え、夫婦間の譲歩について男女で議論が白熱するのはともかく、
就寝前にTVのオフタイマーをセットするかしないか、が
全員が立ち上がってまで激論を交わすほどのテーマだったのかは
今考えても甚だ疑問です。なんであんな話題になったんだろう……
人んちで飲むのって、リラックスできる分、言動が面妖になりますねえ。

で、案の定、朝起きたら頭痛いしお腹痛いし背中痛いし首痛いし脇痛いし!
それが二日酔いのせいなのか、飲み過ぎて胃がもたれてるのか、それとも
1年半くらい賞味期限を過ぎてたビールがいけなかったのか、
久しぶりにハラ抱えて大笑いしたおかげで腹筋が筋肉痛になってるのか、
はたまた安物の寝袋の中綿が薄すぎたのか、
寝相が悪くてゴロゴロ転がったあげくに柱とかテレビとか友達に
ガツンガツン体当たりをかましたせいなのか、原因はよくわかりませんが、
(おそらくその全てだったろうと思われますが)
痛かったのはその日だけで、おかげさまで風邪もひかずに帰ってきました。

なんだかんだ言って人の体は結構丈夫にできてます。

追記:寝袋はいいですよ! 寝乱れないから!(自分だけは)
    あと、発酵しすぎたビールは、ほんのり甘い味がします(´▽`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんて花でしょう?

うちのハハが買ってきて植えたものなんですが、
名前をど忘れしたらしく、「調べれ」とのお達しがありましたので(w
アップします。ご存じの方いらしたらどうぞ教えてやってください。

名無しさん
(クリックで大きい写真が見られます)

直径は1センチくらいでピンク色です。
小さくて地味なんですが、よくよく見ると、洋服のボタンみたいで
なかなか可愛らしいんですよね。
菊系だとは思うんですけども……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くなると

しばらく様子見かな、と思っていたドラクエですが、
やっぱり予約しちゃいましたよ。
しかも新型PS2と一緒に。(←実家用w)

だって最近寒いんだもん!

いや、真面目な話、寒くなると急に何かに憑かれたように
ゲームしたくなるんですが。何故なんだろうなあ。
ちなみにアプリコットやら遥か3も予約済みだったり。
我ながらこの変わり様には呆れるものがあります。

暑くなるとぽろっと熱が冷めるんですけどもねw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「シャンプー台のむこうに」

かつて美容師コンテストの覇者だったフィルは
今は夢破れて田舎町キースリーの理容店主。
それというのも、妻・シェリーがコンテストの前夜に
女性のヘアモデル・サンドラと駆け落ちしてしまったから。
そんな時、キースリーで美容師コンテストが行われることに。
ライバル達が次々と田舎町に集う中、決意を秘めたシェリーが
「家族で出場してみないか」とフィルに持ちかけるが…

この作品は前からずっとDVDのレンタルを待ってたやつで、
今回遠出したお店でようやく見つけて借りてきました。
たまにはレンタル店もハシゴしてみるもんですね。

華やかだけど、どこかエキセントリックな雰囲気の漂う
ヘア・ドレッサー・コンテスト。この特殊なイベントが
田舎の手作り会場で行われるのがイギリス的で可愛らしい。
初めはシラケ気味だった住民たちも回を追うごとに盛り上がり、
司会を務める市長の衣装もそれにあわせてどんどんグレードアップw

出場するライバル達もかなりヘンです。特にビル・ナイ。
「アンダーワールド」の渋い長老役もそれなりに決まってましたが、
やはりこの人はこういうヘンテコ系のが本領発揮て感じで好きだわ^^

元々はアラン・リックマン目当てだったんですが、
輝いていたのはサンドラ役のレイチェル・グリフィス。
最終部門のトータル・ヘアは圧巻でした。
奇抜なコスプレ(?)で笑わせてくれた彼女だけど、
最後はすんばらしく美しかったです。
そしてどっかで見たことあるなあ、と思ってた盲目のおばあさん。
「スパイダーマン」のメイおばさんじゃないかー。
今見るとこのキャスト、なかなかに豪華な顔触れです。

ほのぼの笑いたい人におすすめ。

BLOW DRY シャンプー台のむこうに
東宝 (2003/04/25)
売り上げランキング: 7,111
通常24時間以内に発送

原題:BLOW DRY
製作:2000年
監督:パディ・ブレスナック
出演(声優):
[フィル]アラン・リックマン(石塚運昇)
[シェリー]ナターシャ・リチャードソン(佐々木優子)
[サンドラ]レイチェル・グリフィス(相沢恵子)
[ブライアン]ジョシュ・ハートネット(森川智之)
[クリスティーナ]レイチェル・リー・クック(小島幸子)
[レイ]ビル・ナイ(小川真司)
[市長]ウォーレン・クラーク(宝亀克寿)
[デイジー]ローズマリー・ハリス(火野カチコ)
字幕翻訳:太田直子 吹替翻訳:筒井愛子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバルエッセンス

今の「私も仲間に入れてよ」バージョンはそれほどではないものの、
以前の「Oh! Yes!」なCMが物議をかもしたハーバルエッセンス・シャンプー。
CMの善し悪しはともかく、いいにほひのシャンプーは女の憧れ。
てことで、使っていたシャンプーが切れたのを機にドラッグ・ストアで買ってきました。
種類は「ナチュラル・スムース」(まとまりにくい髪用)。

ハーバルエッセンス

いやー、ホントいい香りですねコレ。安っぽくもなくゴージャス系でもなく。
バスルームが一転してアロマ空間に。癒やされます。
ただ、シャンプーの汚れ落ち効果がキツいのか、コンディショナーが力不足なのか、
洗い上がりは髪がキシキシする感じでした。
私は基本的に乾燥系ぽいので、「モイスチャー」とか「サプライ」とか
傷んだ髪用のものにすればよかったかも。

勿体ないので、とりあえずコンディショナーのみ前から使ってる
ヴィダル・サスーンを使うことにしました。
やはりまとまり感で言えば、今のところVSが一番合ってる気がするなあ。
洗ってブローした後眠っても、ほとんど寝癖ないですもん。
と、そういえば、VSの小悪魔CMもなかなか凄いものがありましたねw

他にドラッグ・ストア系でおすすめのシャンプーなぞありましたら
教えてくださいまし。アジエンスとかどうなんだろう…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「カレンダー・ガールズ」

イギリスの片田舎、愛すべき婦人会の面々による珍騒動。
観る前はほんとコワゴワ、だったのですが、いやー、面白かった。
笑って、しんみりして、ほんわか暖かい気持にしてくれる作品です。

女性って自分の姿を綺麗に撮ってもらいたいっていう願望が
どこかにありますよねー。他の人に見せたいかどうかはともかくとしてw
それは年をとっても変わらずということでしょうか。

旦那さんがたの戸惑いっぷりもおかしかったです。
なんかこう、この映画を観る男性陣の困惑を如実に表してるというか。
しかしあの状況ではカメラマンの兄さんもすんごいプレッシャーだろう。
ましてや恩師のヌードを撮る羽目になるとは!(≧∇≦)ぷぷ。

絶ーーーーっ対にありえないとは思うけど、
もし自分の母親がこんなこと言い出したらどうします?
私は多分、ノリノリで応援しちゃうような気がするなあ。
逆に父親だったら? うぷ…考えたくない…
(あ、今男性の気持ちが分かったような気がするw)

ヘレン・ミレンって、私の中では未だに「第一容疑者」の女警部、
っていう厳しそうなイメージが強く残ってるのですが、
この作品でのコメディエンヌぶりは意外というかさすがというか。
脱ぎっぷりもお見事です。

あと、イギリスの田舎風景はやっぱり素晴らしい。


カレンダー・ガールズ 特別版
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2004/10/20)
売り上げランキング: 661
通常24時間以内に発送

製作:2003年
原題:CALENDAR GIRLS
監督:ナイジェル・コール
出演:
[クリス]ヘレン・ミレン
[アニー]ジュリー・ウォルターズ
[ロッド]シアラン・ハインズ
[ルース]ペネロープ・ウィルソン
[シーリア]シーリア・イムリー
[コーラ]リンダ・バセット
[マリー]ジェラルディン・ジェームズ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »