« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

近況

ホトトギス

気づけば2週間以上放置……生きてます(^_^;)
いやー涼しくなった途端に、夏の分取り返すがごとく
仕事が忙しくなってきました。
特に今月いっぱいは午前様が多くなりそうなので
体力的に更新はちょっと厳しくなりそうです。
写真とか、これから良い季節なんだけどなあ。

でも「LOST」のプレミア放送も見たし(ドミニク・モナハン美味しい役ですぜ!)、
「炎の英雄 シャープ」の予告も見たし(字幕シャーピーにちょっと涙でたw)、
マクベス巡査も全話見れたし、十六夜記もコンプしたしw
で、しばらく思い残すことはないです。
今年大豊作の柿かじりながらがんばって仕事に専念してきまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マシニスト」

トレバーはロスの機械工場で働く機械工(=マシニスト)。
もう1年間眠っておらず、まわりが心配するほど痩せこけている。
そんな中で彼は不注意から同僚を事故に巻き込んでしまうのだが、
その原因となったアイバンという男を他の誰もが知らないと言う……

クリスちゃんが激ヤセ、という以外まったく予備知識なしに観たもので、
ジャケットの下半分の写真を初めて見た時は本気でホラーだと勘違い。
でも蓋を開けてみれば、異質ではあるけれども至極まっとうで、
小道具や伏線、細かいところまで気を配った見応えのあるスリラーでした。

しかしCGか人形だと思ってたあの写真が、リアル本人だったとは……
いくらビギンズでマッチョに戻ってると知っていても、
その痛々しさには衝撃を受けます。一挙一動から目が離せません。
「そんな重いもん持ったら潰れる!」
「ぎゃー!そんな走ったら死ぬ!」
「ナニする体力あんのかー!」
て、もう心配で謎解きどころじゃないっつの!w
でもあんなガイコツ君でも、ちゃんとハンサムなとこはさすがです。
苦悩する役が似合うクリスちゃんの究極の役どころといった感じ。

ストーリーもオチまできちんとまとめてあるし、例え罪深いとしても
最後にやっと眠れるようになった彼に同じようにホッとせずにはいられない。
根底に流れる「良心の呵責」というテーマが面白いので
つい何度も観たくなる映画です。おすすめ。


マシニスト
マシニスト
posted with amazlet on 05.10.01
アミューズソフトエンタテインメント (2005/09/22)

原題:THE MACHINIST
製作:2004年
監督:ブラッド・アンダーソン
出演(声優):
[トレバー]クリスチャン・ベール(小山力也)
[スティービー]ジェニファー・ジェイソン・リー(日野由利加)
[マリア]アイタナ・サンチェス=ギョン(山像かおり)
[ミラー]マイケル・アイアンサイド(菅生隆之)
[アイバン]ジョン・シャリアン(玄田哲章)
字幕翻訳:岡田壮平
吹替翻訳:久保喜昭

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »