« 来年お会いしましょう | トップページ | すっ転びました »

「300」原作

年始に調子こいてサイトの模様替えをしたはいいものの、
そのまま風邪ひいてダウンしてました。はははのは。はぁ……
気づけばとっくに松の内も終わってましたね。

というわけで、皆さま寒中お見舞い申し上げますw
今年はなるべく風邪ひかないように頑張ります。

300

年末に届いた「300」の原作は想像してたのより大きくて驚愕。
隣にあるのが「おお振り」のコミックスなんですけど
横に3冊くらい並びそうな感じ。置き場所に非常に困るサイズです。
しかし中身はそれ以上に驚愕。濃いぃ……。
映画のメイキング映像なんて、抑え気味な方でした。
マッパに比べりゃ革パンツなんて可愛らしいもんだよ……!
いや、服のことばかり言っちゃいかんなw
ええと内容は「炎の門」とはだいぶ設定が違うんですね。
あくまでペルシアとの戦いのみにぎゅっと凝縮した感じ。
異形の輩が出てくるあたりは、さすがアメコミだな、と。

しかしこれによるとデヴィッド・ウェナム氏はなかなか美味しい役どころみたい。
どうもあの顔に筋肉ってのが未だに想像できないんですが。
あと、映画でのペルシアのクセルクセス王の外観が非常に気になるところです。
原作どおりだったら凄いなあ。ロドリゴ君の顔にあのジャラジャラ。圧巻だわ。

全編英語とはいえ、コミックなのでなんとなくフィーリングで最後まで読めましたが、
じっくり読んだらかなり面白そうです。辞書片手に地道に頑張ります。

|

« 来年お会いしましょう | トップページ | すっ転びました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「300」原作:

« 来年お会いしましょう | トップページ | すっ転びました »