« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

微妙

社会人ともなると冠婚葬祭のお付き合いが人並みにあるんですが、
いつももらった後に困るのがお香典返しの紙袋。
何せ再利用しづらい。
たいていシックな柄と立派な紙と丈夫な紐でできていて、
それはそれは長持ちしそうなんだけども、
「○○葬儀社」とかロゴうってあると、もうゴミ箱行きにしかならんのですよね。
捨てるたびに「ああ勿体ない…使える?…いやでも葬儀社…」と
一応ひととおり逡巡してみるんですが、結局行き着くところは一緒。

ところが先日またお香典返しをいただく機会がありまして。
そこの葬儀社さんの手提げ袋がトートバッグだったのですよ。
これがまた丁度いい大きさで! 色も無難なベージュで!
ロゴ部分もデザインマークと会社名をアルファベット表示してるだけの
シンプルでフレキシブルな心遣いで!
図書館の本とかランニングシューズ入れるヤツが欲しかったんで
「うほー! これはいいわ!」と使う気満々で大喜びしたのですが、
会社名よく見たら、むちゃくちゃ近所にある葬儀社さんでありました。

やっぱり使えない…ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ

イメージアップを図るその会社の心意気は買いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山栗

栗

台風13号の余波で裏山の栗が大量に落っこちました。
ハハが早速拾って茹でてくれまして、これが私のノルマだそうです。
うーん、ありがたいんだが、ちと多すぎ(^_^;)
砂糖と牛乳でマロンペーストにでもしたら保存がきくでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

~DVDあらすじより~
トム・ストールと妻エディは、2人の子供たちと静かで幸せな生活を送っていた。 ある夜、トムが経営するダイナーに2人組の強盗が押し入る。 一瞬の隙をつき、銃を奪い取ったトムは強盗を射殺。 一夜にして町のヒーローとなった。 数日後、トムを訪ねてフォガティと名乗る男がやってきた。 彼はトムを“ジョーイ”と呼び、その日から執拗に追い回す。 ついに家族に危険が迫った時、トムの血塗られた過去が明らかになっていく…。

最近は痛々しい事件が多すぎて、映画やドラマでのバイオレンスシーンを
以前ほど単純に観られなくなって複雑な思いをすることが多いんですが、
この映画は暴力をおぞましいもの、と割り切って撮っているので
クローネンバーグのあの妙にこだわりのあるグロ表現も、
気持ち悪いんだけど逆にある意味納得できるというか、
興味深く観られて面白かったです。

ただ、96分という短さのせいか原作がそういう作りなのか
どうしても底の浅い印象が残るのは否めなかったですね(特に後半)。
でも言いたいことは伝わったし、想像の余地を残すラストも良かったので
ここはあえてB級ものとしてお勧め。

どちらにしろヴィゴとエド・ハリスが同じ画面で見られるってだけで
私にはもう充分おつりの出る映画ですよ。
ヴィゴがもう素晴らしいったら。特にエド扮するフォガティとの対峙シーン。
それまでの小市民的な顔からほんの微かに表情を変化させるあの緊張感。
ヴィゴでなきゃここまで評価されてないよねこの映画(きっぱり)。


原題:A HISTORY OF VIOLENCE
製作:2005年
監督:デイヴィッド・クローネンバーグ
出演(声優):
[トム・ストール]ヴィゴ・モーテンセン(木下浩之)
[エディ]マリア・ベロ(唐沢 潤)
[フォガティ]エド・ハリス(土師孝也)
[リッチー]ウィリアム・ハート(麦人)
字幕翻訳:風間綾平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes7

Itunesimage_3

遅ればせながら iTunes7 をダウンロードしました。
アートワーク表示が素敵なことになってますね。
あんまりパラパラしすぎて、ちょっと酔いましたがw
これであと歌詞表示もできるようになったら言うことないなぁ。

しかし今度の iPod nano はちょっと微妙…mini ぽくて。
目新しい素材とか形状を期待してたのでちょっとなあ。
バッテリーが保つようになったのは魅力的だけども。

新しくなったiTunes Store では中山うりをダウンロードしました。
UAと小野リサと大貫妙子を足して割ったようなしっとり系の歌声が良いです。
アコーディオンの音色と、どことなくノスタルジックな詞の世界が
季節的にもぴったりで落ち着けます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リンゴ完成

大人の塗り絵DS、リンゴの絵が仕上がりました。

1809051見よこの色鉛筆画なのにクレヨン画のようなこってり感。リンゴが全然美味しそうに見えないところがシュールで個性的です(言っとけ)。

ともかく早速評価してもらいます。
塗り太によると、評価は色使いと技巧性の2点を見るらしく、
要するに見本絵にどれだけ忠実か、元の線画に対して
どれだけ正確に塗れたか、ということが大事なようです。

まずは色使い。

1809052Σ( ̄□ ̄;)
プロ並み…?


でも、塗り絵のプロ…?

続いて技巧性。

1809053おお。
結構大雑把に塗ったんですが、多少のはみ出しは許される様子。

1809054そして総合評価。

どきどき…

1809055ヽ(´▽`)ノ

――転職するか(早まるな)

ちなみに、完成前の中断データだと、美大生でした。
いや、点数はかなり甘めな設定のようですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の塗り絵DS

180904あっちゃこっちゃ手を出して、どのゲームも進んでおりませんがw 今度は大人の塗り絵を買ってしまいました。いやこれが結構ハマってます。

今は色鉛筆画しかやってないのですが、筆先は小・大・縦に寝かせる・横に寝かせるの4種類しか選べないし、色も最初は12色、拡大は2倍まで、間違えた時は消しゴムで消すしかなくて、もちろんアンドゥ機能なんて無し。でもその単純な操作が非常にわかりやすくて、グラフィックソフトに慣れてない初心者にはすごくいいです。“塗り絵"だからあまり神経質にならずに済むし。の割に塗り重ねていくと結構深い色も出せて、それなりに見えてくるから不思議。

難点を言えば、同時に複数の塗り絵をかけ持ちできないこと(中断保存は1枚分しかできない)、色数を増やすにはミニゲームをクリアしないとダメなこと(色の記憶ゲームって苦手…)かなあ。でも1枚をじっくり完成させる喜びは味わえますね。DSだから時間の空いた時にパッと手にとって少しずつ塗れるし。

完成すると評価をしてくれるそうで、どんなことを言われてしまうのか今からちょっと戦々恐々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »