« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

桜のつぼみ

裏山にある桜、現在の様子。
梅→山桜桃→李、とそれぞれ順当に時期をずらして咲いてきましたが、
この暖かさだと、桃と桜は来週あたり一気に咲きそうです。

今日は李の花が風に散るさまがきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイリストとISBN

今まで全然気づかなかったんですが、2007年に入ってから発行された本は、
ISBNコードが13桁になっているんですね。
まあ通常、本を買って読むだけならコード変更なんてさして影響はないのですが、
マイリスト(本)のルックアップ機能*がうまく働かなくなって地味に不便を被ってます。

ココログサポートによると、
FAQ:本リストでの ISBN の入力について

現在13桁の ISBN 番号ではルックアップ機能が働きませんので、10桁の番号をご利用ください。なお、次のバージョンでは13桁の ISBN 番号にも対応予定です。

とのことなんですが、そもそも新刊には10桁のコードって併記されてないし。
じゃあ単純に下10桁を入力すればいいのかと思えばそうでもないようで。
試しに最近読んだ本を Amazon で調べてみると、

ゴッホは欺く 上巻
 ISBN 10桁    4102161252
 ISBN 13桁 978-4102161258

下10桁のうち最後の1桁が違っていやがります…w

お手軽なマイリストだけに、いちいちコードを Amazon で調べるような面倒は
できれば避けたい労力です。でもどちらかといえば、本リストも音楽リストと同じように
タイトルで検索して取得できるようにしてくれたら一番いいんですけどもね。

次のバージョンアップまで長く待たされそうです。

*ISBNコードを入力すれば本のタイトルや画像が自動で取得できるココログ便利機能。ただし使ってる人は少数派? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛歩

ゆすらうめ春カムバック! と叫びたくなるような寒さでございますね。春二番だか春三番だかわからん強風も吹き荒れてますし。おかげで私の周りでは風邪が大流行です。かくいう私もその一人。
春め、早い訪れを期待させといて、とんだフェイント攻撃でした。

それでも花が少しずつ次々と咲いていくのを見ると、まあ近づいてはいるんだろうという気はしますけども。歩みは俄然遅い。ああもうセーター飽きた! 春服着たい!

写真は今が盛りのゆすらうめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三寒四温

菜の花先週の陽気でうっかり冬コートをクリーニング出しちゃったんですが、ああもう早まった。寒い。
しかも去年の日記を見たら同じような気候だったんですよね。春の三寒四温は侮れません。
そしてたまには日記も読み返さねば。
いい教訓になりました。

ところで今ジェフリー・アーチャーの新作を読んでいるんですけども、
普段はあまり気にしないYonda? CLUBのチラシに目が行きましてですね、
なんだか突然モーレツにYonda?マグカップが欲しくなってしまいました。

 Yonda? CLUB

オレンジとグリーンが可愛いなあ。

最近こういうのあんまり応募したことないんだけど、
マークを送れば必ずもらえるんですってよ。おお全プレ。
試しに部屋のあちこちにそびえる本の山脈を切り崩してみましたら、
なんと、応募に必要な新潮文庫がちょうど20冊。

啓示だ……!(落雷)

というわけで今から早速切り貼り作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀河ヒッチハイク・ガイド」

多分好みのタイプ…と思いつつ何のかんのと見ずにいた映画でしたが、
wowowで放送されてるのを見て、即刻DVD買いを決意しました。んもう大好き!
馬鹿馬鹿しい話を真面目に論じるフリして皮肉って笑いに昇華させるという、
英国ならでは、という感じのコメディです。しかもそれをSFでやっちゃう無駄な壮大さ。
ともすれば嫌みになりがちなのに、登場するキャラクターはそれぞれ魅力的だし、
時折入る解説アニメはセンスいいし、小道具は最新鋭じゃないけど可愛いしで、
全体的に愛嬌を感じさせる映画でした。いやーコメディに愛嬌は不可欠ね。

配役も絶妙で、特においしい役だったのがフォード役のモス・デフ。
ミニミニ大作戦でもいい味出してましたね。
飄々としてて、どこか知的でとぼけてて、コミカルな演技も自然。
しかもスタイルいいし。得だよなあ。とか思ってたら、DVDのコメンタリーで
監督や共演者から「モス・デフは存在自体がズルイ」みたいな
羨ましがられ方をしてて思わず笑っちゃいました。さもあらん。

銀河大統領なサム・ロックウェルもいい感じでした。
原作でのゼイフォードは、どことなく謎めいた馬鹿、という感じで
映画でそれが薄まってたこと自体は寂しいんですが、こうなんていうか
突き抜けて華々しい馬鹿に徹してたのが逆に良かった。
価値観転換銃でトリリアンの思想が乗り移って地団駄踏む演技に
あ、なんかいいひと、という印象を植え付けられました(なぜだ)。

ちなみに映画の中で閉じる度にため息をつくドア、てのが出てきますが、
うちの事務所にも印刷する度にそっくりな音を立てて紙を排出する
プリンタがありまして、なんだか他人事とは思えなくなりました。
(「あ~ぁ」って言うの! いやホントに!)
しばらく鬱プリンタと呼んで楽しみます。ていうか早く修理出そうよ。

銀河ヒッチハイク・ガイド
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/03/17)

原題:THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
製作:2005年
監督:ガース・ジェニングス
出演(声優):
[アーサー・デント]マーティン・フリーマン(中村大樹)
[フォード]モス・デフ(高瀬右光)
[ゼイフォード]サム・ロックウェル(山路和弘)
[トリシア]ズーイー・デシャネル(甲斐田裕子)
[ロントック]アンナ・チャンセラー(唐沢潤)
[マーヴィン]ウォーウィック・デイビス
[マーヴィン(声)]アラン・リックマン(鈴木清信)
[ディープ・ソート(声)]ヘレン・ミレン(池田昌子)
[スラーティバートファースト]ビル・ナイ(青野武)
[ハーマ・カヴーラ]ジョン・マルコヴィッチ(内田直哉)
[ナレーター]スティーヴン・フライ(屋良有作)
字幕翻訳:石田泰子

| | コメント (2) | トラックバック (1)

春ひらく

昨日も相当でしたが、今日も暖かかったー。
上着どころか、シャツ1枚で外を出歩けました。しかも汗かいたし…。
そんな中、実家に帰ったら、さくらんぼ(桜桃)の木が満開でした。

桜桃

今年はすごく綺麗に咲いてます。
実もたくさんなるといいなぁ。じゅるる…

梅

梅は早くも終わりを迎えています。
のんびりしすぎて最盛期逃しちゃったな。

6日は啓蟄ですね。私も冬眠状態から抜け出さねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »